2012.11.11 Sun

THE HIGHのこと。

THE HIGHをやることになった経緯は色々とある。

まあ、どこから喋れば良いか判らんのやけど、その辺を簡単にお伝えしますと、今年の春くらいにワンフーがまた秋に来日するんでまたイベント一緒にやって欲しいって加藤さんに言われたんで、FURSもちょうど10周年やし、ワンフーも毎回都内だけでもね~!!っとか勝手に思って、どうせならワンフーと一緒にツアーとか行きたいな~!!っとか勝手に計画するも、俺自身がそれを出来ない状況になり、でもワンフーに対する感謝の気持ちは全く持って忘れてないんで、何とか俺が出来る最高の環境でワンフーの来日公演をサポートしてあげて、enjoyして貰おうと思って、そこに一番協力してくれそうな人達に声をかけて結成されました!!

でも、実際にこの形でやろうって言う話はFURSもJulianも解散する前に決めないといけない
ことやったりもして、なんか話してても実感が無かったんよね…

まあそれだけ各々がそのバンドに対する想いが強かったというのもあると思う。

そんなこんなでまあメールのやり取りや電話やお互いのライブで会ったりした時はちょこちょこ話したりもしとったんやけど、このTHE HIGHという形でメンバーの核になる人物で最初に集まったのは8月、9月のそれぞれの解散月が終わった10月1日。

まあちょうどコレクターズのライブがQueであるというのもあって、今度の17日の紅布では加藤さんにはDJで出演して貰うっていうこともあるのでhirono、智明と一緒にご挨拶も兼ねて集まったって感じかな!!

THE HIGHというバンド名は、hironoが考案したんやけど、FURSの「F」とJulianの「J」のアルファベットの間にある「GHI」の文字から出来る単語で作ったという名前だ!!

いや~、なかなか洒落てるではないか~(笑)

しかも、かな~りモッドな香りがするではないか~(笑)

実はTHE HIGHというバンド名は昔20年以上前に博多のメンタイロックの最終兵器的なバンドでヴォーカルの千葉さんがメッチャグラマラスで圧倒的な存在感を放ってた同名バンドがあって、もっと驚くことにそこでドラムを叩いてたのが大島さんやったりもして、「THE HIGH」と聞くと俺にとってはそのバンドのイメージがメチャクチャ強いんよね!!

でも、THE HIGHをネットで検索してもまあ時代が時代やったっていうのもあるけど、数件の話題でしか乗ってなかったりもして現在ではその情報もかなり少なく、この俺とhironoがやるにはなんともスペシャルなネーミングを活かしたい!!っていう想いが強くあって、大島さんに相談した所「別に良いんじゃない??」っというお言葉を頂きまして、今回「THE HIGH」と名乗らせて頂くことになりました!!

そんな中、またまたさかのぼる訳なんやけど、去年くらいからFURSの10周年にはなんかスペシャルなことやりたいな~!!とか、ベスト盤とか出したいな~!!とか、ニューアルバム出したいな~!!とか、クアトロとかデカイところでやりたいな~!!とか、色んなネタを出してた中に…

「FURSで日本のMODS BANDのトリビュート盤を出そう~!!」って云う、勝手な企画が俺の中にあって、んで、その辺でも色々加藤さんとに相談とかもしてたりしてて、なんか良い具合でカッコいい企画になるような感じになったんでメンバーに打診したんですが…

あっさり却下(笑)

まあ、今となってはそれがあっさりやったかスッゲェ~ミーティングしてやっぱり止めようってなったかどうかはちょっと忘れましたが…(笑)

まあ、俺は東京に住んでた訳じゃないんで東京のMODSシーンというのは後追いであったりもして、どちらかと言うと博多はメンタイロックという括りが大きかったんで、博多や九州にはMODSというジャンルは存在し難かったんよね…

東京のMODSの人も博多のメンタイロックの人もルーツ的なところは殆ど一緒なんでそれをクールに出すか、ワルい感じに出すかとかそういうちょっとした地域的なニュアンスでジャンルとしての見え方が違ってたと思うんよね!!

んで、俺たちは九州出身が3人いたこともあり、メンタイロックの良い所やメンタイロックでは出せなかった東京MODSの良い所をミックスした打ち出し方が出来たらな~って思って、その辺を加藤さんにも相談に乗って貰ってたんよね!!

その時に考えて色々やりたかったことを、どうせならこの「THE HIGH」で出来たらいいな~って思って、10月1日にTHE HIGHの方向性を話そうとしたら…

最初にhironoの方から、「今回台湾のMODS BANDのワンフーが来るわけじゃない??だから、俺たちは日本のMODS BANDのカバーをしてワンフーに日本のMODS BANDはこんなにカッコいいって所を教えてあげようよ!!」って言い出して!!

なんか俺それ聞いて笑っちゃったんよね!!

hironoとは歳も近いし、誕生日も近い(笑)、お互い20代、30代と同じような環境で音楽活動してきたっていうのもあって、なんか多分色んなことが1周して全てがフラットになってピュアに音楽が出来る状況になったんやないかと思います。

まあ、そういうわけで今月に入って2回くらいスタジオで合わせてみたけど、なんかバンド的にかなり良い感じでやっておりますよ~!!

DSC_0919.JPG
ライブで登場予定のリッケンタイプ2本です。

DSC_0920.JPG

カバー曲もいきなりやってみんなポカ~ンっとしたらワンフーに日本のMODSバンドってあんまり乗れないの??って思われるといけないんで、今回はカバー曲の一分を敢えてお知らせ致します(笑)

※ここでこのバンドはMODSだ!とかMODSじゃないとかは無しでね(笑)あくまでTHE HIGHとしてのMOD感なんで!!うだうだ言う人は自分でやってください(笑)

ザ・スパイダース/フリフリ

http://www.youtube.com/watch?v=cTHe_NiHDSo&feature=related

The Badge / 浮かれ気分でダンシング

http://www.youtube.com/watch?v=-1Ko3B07uRI&feature=related

THE SHAMROCK/THE MODS ARE ALRIGHT(※画像はジェフさんのバンド「THE BETS」の映像)

http://www.youtube.com/watch?v=w1uwKEvYFwI

THE HAIR/ロッキンチェアー

http://www.youtube.com/watch?v=zTxauha-ELQ

この組織ぐるみで盛り上げる感じ、どこかの国とかでありそうですが…(笑)

まあ、良いんじゃないの??こうやってみんなが楽しめて、ワンフーも日本のことが好

Comment

  • バンド名の謎がとけました!
    ないす!
    スペシャルなイベント楽しみです!

    2012/11/16 00:40 | P

  • はじめまして、千葉です。私は桐明に出会った頃はモッズでした。心が進む方へ、音楽を貫いて、突き抜けてください。

    2015/02/19 12:40 | 千葉 博

  • はじめまして、千葉です。私は桐明に出会った頃はモッズでした。私はあなた達に、突き抜けてほしいと思っています。

    2015/02/19 12:50 | 千葉 博

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントフィード

« »