2015.11.09 Mon

今更GRE2015

もう随分と前になりますが、GREのことでも振り返ってみようかな!!(笑)

もう時効と勝手に思ってるんで敢えて書きますが、FURS解散決まってからRamaに誘われて、加入が決まった時にまだ解散前やったんでいつから加入するかはマティが決めて良いよ!って話になって、Rama=秋間さん=T.REXという図式の中、GREは避けては通れないところ。

まあでもこのイベントを苦痛に思ってるようでは秋間さんと一緒に音楽続けて行くことは出来ないやろう…って思っててね!!

それでFURSの解散1週間前にもかかわらず、一応名目的にはサポートという形でGREのステージに立った!!

DSC_8477 (640x425)

それから4年の月日が経ち、その間にマルコシオンリーのツアーやニューヨークツアー、ニューアルバムのレコーティング&リリースツアーとかなり充実した幸せな4年間を経験させて貰って臨んだ今年のGRE!!

なんかO-WESTのイベント終わったらほんとは俺腑抜けになるんやないかな??GRE純粋に楽しめるかな??っとか思ってたんやけど、なんかO-WESTのプレッシャーもなくなった瞬間に純粋に音楽を楽しめる感情になったんよね!!

そんで、昨年まで色々苦労してきたことが、なんか今年はめっちゃ楽しく出来そう!!っていう気持ちになって、8月後半からはT.REXばかりず~っと聞いてた!!

GREのリハでも複雑な構成の曲も秋間さんに教えれるくらいの余裕も出来て、なんか今まで以上に音楽やることやベース弾くことが楽しくなったんよね!!

そんな気持ちで迎えたGRE当日は自分の想像以上ではなく、想像通りに良いライブになったと思う!

なんか「想像以上」って、ちょっとおまけ的な要素やスペシャルな要素がいっぱい入って来ると思うけど、この「想像通り」というのはかなり信憑性があることと思う。いわば、自分の等身大でもあり、自分の実力でもあると思う…

Ramatty01

今年は初めてVamp Powerを使ってライブやりました!

まあ秋間さんが影響受けてるだけあって、いつも使ってるアンプでもそれに近い音は出るんやけど、今年はスピリットも注入したかったけんね(笑)

衣装にしてもこの日はちょっと上下のスーツではなく、スティーブ・カーリー風に柄シャツにベルボ!!※最前のいつも観に来てくれてる人達からは、ベルボの丈が短すぎて不評やったとのこと(笑)

ちなみにこの日は大島さんの体調も気遣って、前半は石田さん、後半は大島さんという変則的な形でやりました!!

Ishida-ma

石田さんは流石!!って感じで、最初にリハで「マッド・ダーナ」を叩いた瞬間、正にT.REXサウンドなドラミングで超気持ち良かった!!

また機会あったら石田さんとも是非やりたいな!!

Ooshimatty02

後半は大島さん。

ここ最近俺がちょっと大袈裟になってるかもやけど、なんか大島さんと一緒にバンドやれることが幸せって感じで、俺も一生懸命ドラムに合わせよう!!って気持ちが以前にも増して倍増してきました(笑)

Ramatty05

そういえば、この日実は衣装忘れてきたんよね(笑)

2部はこの上下のスーツにジャケットの下に黒のフリルシャツを着る予定やったんやけど…(^_^;)

急遽ラーマのTシャツにネクタイというウォルター風なファッションになったんやけど、逆にそれが良かったかな(笑)

2部でこの衣装をチョイスしたのには訳がありまして…

Ramawajima

今回のゲストの人間椅子の和嶋さんがスレイドをやるってことで、俺なりにその辺に寄せた衣装選びをやってみました!!

slade

※参考資料

俺、所謂グラムロックという括りの中で一番好きなバンドがSLADEやったんやけど、実は今までちゃんとカバーしたことなかったりもしたんで、今回和嶋さんと一緒にカバー出来て嬉しかったな!!

来年は秋間さんがGREやりだして30周年ということで、色々とRamaとしても年間を通してそのイベントを盛り上げて行く感じになりそうなので、より濃厚なT.REX&スティーブ・カーリーサウンドを目指して頑張ろうと思います!!

Comment(0)

2015.10.01 Thu

超高揚終了~!!

いや~もうTYOとの東名阪カップリングツアー終わって、溜まりに溜まった仕事、雑用を急ピッチで終わらせてたらなんともう10月ではないか~~~~~~~!!

という訳でかなり遅くなりましたが、先週の超高揚ツアー来てくれた方々どうもでした~!!

1443151496287

ツアー初日の大阪心斎橋VARONのバックステージ。ちょうどHIGHのライブ終わってからのショットやったんでROLLYさんが居なくて残念…(>_<)

そんなこんなでざっとこの3日間のツアーを振り返ってみましょう!!

9月22日@心斎橋VARON

iL67AjtOXN8_fG7qGoT88r7fJilK7FB4_eDAGADHJh4

初日の心斎橋VARON、17時半と早い開場にも関わらず会場は超満員!!

GUESTでサブステージでの出演のROLLYさんの紹介で登場!!

今回はTYOとの2マンとのことで、贅沢にも関西で60分ステージ!!

The HIGHだけではこのような有り難い状況でやることは現状厳しい中、このような機会を与えて貰えて大感謝でございます…m(__)m

fXEe1S-IJkMCX9e2UtvjTCgShbvDJG86OY5WRGrJKBs

俺は初日はミッドナイト・ブルーのRickenbacker4003!!

かな~り気持ち良く演ることが出来ました!!

セトリは↓

ScE5IUoOpn3s7xPHpGykMacmxxRcn3OVwa9QI55RQ10

このA4一枚で収まらない感じ良いよね!!(*^_^*)

今回はセットリスト全て当日hironoが決めたんやけど、どのセットリストもなんかその場所や空気と良い感じに混ざり合って全て良かった気がするな!

kdXjp47wzd3lskzHgxXOiwgd9CO3uFyNFPK-NJ4FIfI

 

9月23日@名古屋ell.FITS ALL

この日はTYOにオカヒロさんが入ってちょうど6年目に当たる日とのこと。

俺関係の方はこの日はご存知の通りFURSの結成日であり、解散した日でもあります!!

まあそのことをあまり引き摺ってもしょうがないので、今後は智明と一緒にやり出した記念日ということにします(笑)

-Zdp7LFO4D5UMEzdeUCsPq6avoJE8Og0PWA3X4mcoHE

※写真はZher the ZOO YOYOGIのですが(笑)

そんなこんなでセットリスト

sqUH8mGnIAldxhG3r8D-pY11lQ0bApK1NfmVnHGSwqc

この日はステージも高く、照明もめっちゃ綺麗なんでほんと前日以上に気持ち良く出来ました!!

y2-GB2pamqn_zoLoX8uCraiowt9igK88mJrWQvumv7Q

何処見てる??(笑)

qQ-Fwoc5Q-hoxv2HOqe3KT95hqAGk5lRD-HK5NjJATg

そんなこんなでツアーファイナル!!

9月26日@Zher the ZOO YOYOGI

vAJzfNePH2QxE_uITvgP1PF1oHHExeVMtdMO-pHimcA

まあホームに戻って来たわけやけど、だからと言ってこの2マン気を抜く訳にはいかない!!

大阪、名古屋で確実に俺達は良いライブやってるのに、それ以上にTYOも良いライブやってるんよね…

先輩後輩の仲ではありますが、やっぱりステージに立つ人間としては負けたくない!!って思うやん!!

人によっては音楽に勝ち負けは無いって人もいるし、俺はその考えの人はそれで良いと思ってるけど、俺はやっぱり勝ち負けに拘りたい!!っていうか、そんな気持ちでライブをずっとやってきたけんね!!

そんなThe HIGHファイナル頑張ったばい!!

1wd7D_BgvJURHS2Rvh4FflqBLfTgbf3pATN6znck7CA

顔が必死やろ(笑)

セットリストは…

OgdtKCJjupJQ5-_S9ZPc2EdRg06b990-suIGGPkzrxQ

最近Shakin’~で音が出なくなるジンクスがあるので、ちょっと気をつけないとね…(^_^;)

せっかくみんなが一つになって超高揚になってる所でトラブっちゃってほんと申し訳なかったです…m(__)m

A2JgXvkjL103ovApHyM3TKRYyRUdcQsW08wYWkunu1Q

今回のツアーでHEESEYさんのオーラの半端無さを身をもって教えられたな!!

HIGHのMCでのネタやないけど、「私とHEESEYさん」って感じで、俺が最初にHEESEYさんと出会ったのがイエローモンキーのデビューツアーでの博多公演でオープニングアクトをさせて貰ってからの付き合いになるんやけど、その時のHEESEYさんのオーラというか、オラオラ感が半端なかったんよね…(^_^;)

その背中を見て俺もここまで音楽続けてきてるのもあってなんか今回のカップリングツアーはRamaとかで一緒に回ったカップリングツアーとは全く違った良い経験が出来たように思います!!

これからも良い意味で絶対に負けないようにベーシスト人生頑張って行こうと思います!!

そんなこんなで打ち上げはTYO6周年のお祝いを居酒屋で2バンドでまったりと行いました!!

14434304340190

オカヒロさんTシャツ自腹で買いました(笑)

 

そして…

IMG_5084

こんなことになってました…(^_^;)

 

そんなこんなで明日は南青山レッドシューズにてロックミーベイビー高橋さんと新しく立ち上げたイベント「Blow Up Babys vol.1」で~す!!

ざっとタイムテーブルを!!

俺はHIGH終わってから眠くなるまで頑張ってDJやろうと思います(笑)

何気にレッドシューズで初DJなんでちょっと楽しみです\(^_^)(^_^)/

19:00 open/start

19:00~20:00 DJ 宮治さん

20:00~20:30 山﨑彩音

20:40~21:20 ヘンリーヘンリーズ

21:20~21:50 DJ 宮治さん

21:50~22:20 BARBARS

22:20~22:45 DJ カナザワタクヤ from THE FOREVERS

22:45~23:25 The HIGH

23:25~23:50 DJ カナザワタクヤ from THE FOREVERS

23:50~24:30 DJ Matty06

24:30~   祝ロックンロール60周年オールナイトロックンロールパーティー!
ROCK AND ROLL 60TH ANNIVERSARY ALL STAR DJs

 

 

Comment(0)

2015.09.15 Tue

あれから4年…

FullSizeRender(4)

いよいよ明日はグラムロックイースター!!

俺がラーマのメンバーと一緒にライブをやりだして丸4年となります!!

まあもう時効やろうし、今更どうこう言う奴はいないやろうけん言いますが、FURS解散決まって、今後のロック人生どうしようか??って路頭に迷いそうになった時に、大島さんに人生初めて人からバンドに誘われてラーマへの加入が決まりました(笑)

ほんと今まで自分発信でしかバンド組んだことなかったけん、人からバンド誘われたことなかったんよね(笑)

でもそんな俺が、20代前半の頃に大好きやったマルコシの秋間さんと博多時代にカリスマドラマーやった大島さんのバンド「Rama Amoeba」に誘われるとは!!

なんかめっちゃ嬉しかったし、プレッシャーやったな!!

そんで前にも書いたと思いますが、前任のベースの上西さんが辞めるってなった時、GRE前で辞めるかGRE終って辞めるか??って所で、そのタイミングはGREの大変さを知ってる当時の上西さんも含めたラーマのメンバーが一番判ってて、そこはマティが決めて良いよ!!って言われたんよね。

FURSの解散が翌週の9月23日やったけん、それ終わってからラーマに加入して先ずはラーマのオリジナル曲から覚えて、一年間メンバーと慣れてからGREに臨むっていうのが、まあ一番楽で誰にもとやかく言われずに済むし、バンドにも馴染んで行けると思うんやけど、今後ラーマアメーバ、アキマツネオという人物と一緒に活動して行く上で何が重要か??って考えた時に、一番俺が重要と思ったことは「T.REXを知る!!」ということであった!!

なので俺は実は何の迷いもなく、FURS解散前ではあったんやけど、Ramaのベーシストとして加入することを決めた!!

当時はFURSのお客さんやRamaのお客さんと、まあ色んな人の色んな感情があったと思うので、正式加入という形はRamaのオリジナル曲での初ライブの11月2日のSWEETの前座の日からにしたんやけど、俺の中でのRamaメンバーとしての初ライブはやはり9.16である!!

4年前のGREの時は、ほんと今では普通に弾いてるT.REXの超代表曲のテレグラム・サムや20thセンチュリーボーイでさえ、そんじょそこらのグラムロックバンドがやるカバーとアキマツネオとやるT.REXのカバーが同レベルになってはいけないって思って、細かい1つ1つのフレーズまでコピーしたな!!(^_^;)

1442318522461

今でも鮮明に覚えてるんやけど、4年前のGREで「Till Dawn」って曲があって、秋間さんはこの年のGREでこの曲が一番目玉だ!!ってリハの時から言ってて、この曲の16ビートのノリを当時なかなか出せずにめっちゃ苦労して、この曲に俺も相当な想いを込めてライブに望んだんやけど、なんと!この曲で俺は痛恨の構成ミスをやらかして、途中頭の中が真っ白になって訳が判らなくなったんよね…

大島さんがそこを上手く助けてくれて、なんとか曲が止まらずにすんだんやけど、ライブ後、俺めっちゃ凹んでて、ちょうど秋間さんの車で2人で打ち上げ会場に向かってたんやけど、その車中で秋間さんにそのこと謝ったら、「良いんだよ!また来年、そこ間違えないようにやれば良いんだよ!!でも、今年のグラムロックイースターが今までで一番楽しかったな~!!」って言われて、俺、ほんと泣きそうになってね…(ToT)

この何気ない温かい言葉にその時どれだけ救われたことか…(>_<)

でも、今冷静に考えてみると、まだ正式に加入してない初めてのライブでサポートメンバーにここまでの負担を背負わせるバンドってなかなかいないよな!!っとか、4年経った今、ちょっと思う所もあるんやけどね(笑)

まあ冗談はさておき、その「来年間違わなければ・・・」って曲、その年からずっとやってなくて、実は敢えてここでネタバラししますが、なんと今年やっちゃうんですよ!!o(*⌒O⌒)b

いや~リベンジやね!!がんばれオレ!!(笑)

なんかこの曲で俺のこの4年間の成果が出るっていうか、なんかめっちゃ気合い入ってるんね~!!

実は今年は45歳イベントがあったり、大島さんの体調の問題もあったりでGREの取り掛かりが例年よりも遅くスタートして、実は今年大丈夫かな??って不安もあったんやけど、なんか俺もWEST終って逆にいろんなことから開放されて、純粋にT.REXの音楽に浸ることが出来たんよね!!

実はこんなこと今年が始めてで、去年なんかはHEESEYさんがゲストで出るってなったら、「良かった俺の負担が少し減る…」とか、どちらかというと30曲近くプレイすることに不安があったんやけど、今年はなんか楽しくて仕方がなくって、ほんとベーシストの座は誰にも渡したくないな!って気持ちが大きい。

20代の頃ラズベリーサーカスで当時東京の真似っこして博多Be-1でマークボラン追悼ライブとかやってて、でも博多じゃ全然それが浸透せず、一緒に対バンしてたバンドも徐々に減っていき、いつの間にかやらなくなって…(^_^;)

でもその後も9月になるとバンドではマーク月間と銘打ってライブのレパートリーにT.REXのナンバー交えたり、9.16は東京で行われてるGREの時間に家でT.REXを聴いてたりしたこともあったんで、そんな自分が今じゃ秋間さんと一緒に毎年マークボラン追悼イベントを行ってるという…なんとも幸せな環境でやらせて貰えてるな~!!って思います。

12002916_877832132298912_1977861296007293176_n

今年はfecebookとかではちょいちょい呟いてたけど、T.REXのベーシストのスティーブ・カーリーをかな~り意識して、スティーブ・カーリーやマークボランが当時使ってた「Vamp Power」ってアンプを使ったり、T.REXの様々な曲のかな~り細かいベースフレーズやスティーブ・カーリーのミスまでもコピーしててほんとT.REXマニアの人にも見て貰いたい感じ(笑)

FullSizeRender(1)

DSC_1403

今回ちょっと自慢なんやけど、リハで秋間さんの間違いに気付いて「秋間さん、そこのコード違いますよ!!」とか、「秋間さん、そこのサビの回数もう1回ありますよ!!」とか突っ込めるくらいに成長したけんね(笑)

秋間さんは絶対なんやけど、それ以上にマークボランの方が絶対やけんね(笑)

そういう意味では去年まではリハは毎回大変で実は結構苦痛やったんやけど、今年は毎回楽しく出来てました!!

でもね・・・

一つだけ不安…(^_^;)

まあ敢えて言わなくて良いのに言ってしまうのが俺なんすが…(笑)

毎年アンコールでやってる「HOT LOVE」の後半のベースだけになってお客さんと掛け合いになるところ…

あれだけは毎年胃が痛くなるくらい苦痛です(笑)

その俺を見て喜んでる三国さん!!もうほんと介護してやらんばい!!(笑)

まあ、でも今年はそんなことまでも実は楽しめてやってますんで!!(*^_^*)

なんか今年はいつも以上に俺よりT.REXに詳しいバンド仲間とかが観に来てくれるみたいやけん、なんかそこもしっかりやって楽しんで貰わないとね!!

そんなこんなでもう明日になりましたが、来られる皆さんは是非ともお楽しみにね~!!

迷ってるとか行くつもりなかったとかの人も俺のこの想いを読んで頂けたら少しは気持ちが傾いてくれたんじゃないでしょうか??

そんなこんなで明日お会いできる方宜しくね~~~~~~~!!

10419496_871544309594361_5713382672119895105_n

Comment(0)

2015.09.07 Mon

クラセン終了~!!

昨日の横浜クラブセンセーションのライブに来てくれた方々…

どうもでした~~~~!!\(^_^)(^_^)/

クラセンはFURSの時から何度かお誘いを受けてて、なかなか出演するタイミングが作れず、しかも行った人の殆どが「めっちゃマティさん好きそうな店よ!」っと散々言われ続けとったハコってこともあって、いつか良いタイミングで出れたらとずっと思ってたライブハウスでした。

実際に8月は赤坂BLITZのイベントやWESTの俺のB.Dイベントと大きめのハコでのライブが立て続いてたっていうのもあって、このタイミングで小ぶりなハコでしかも俺が大好きなブリティッシュテイストに溢れててそこでちゃんとソールドアウトしてるっていう、なんかめっちゃ有り難いシチュエーションでライブに臨むことが出来ました!!

っとまあ、そんな前置きより、なんより、俺はここでのライブが決まって一番楽しみにしとったのはこのライブハウスのすぐ目の前にある「高砂家 本店」に行くことでした(笑)

ご存知の人も多いと思うけど、俺はZher the ZOO YOYOGI出働く前は横浜家系ラーメンの「武蔵家」で働いとって、その武蔵家は吉村家からの分家の高砂家からの暖簾分けをして出来たラーメン屋ということもあり、その本店の味を自分で確かめたいと思ってたんよね!!

そんなこんなでリハをめっちゃ早めに切り上げ、いざBenny君と目の前の高砂家やGO!!って感じやったんやけど、まさかのめっちゃ集中豪雨…(^_^;)

ちょっと待っとけば良かったんやけど、余りにもいち早くラーメンを喰いたいであろうBenny君の為に一緒にずぶ濡れになってラーメン屋に向かいました(笑)

そこのカウンターに座った瞬間、なんか全て判った気がした(笑)

ラーメンを喰う前に缶ビールとキャべチャーで軽く引っ掛けてからの

DSC_1401

ド~~~~~~ン!!(笑)

麺かため、油多め、海苔増し!!

これが意外にもあっさり!!

本家の吉村家も方向的にはこんな感じなんで元々の家系とかこういうものなんやろうね!!

最近の家系がちょっとデフォルメし過ぎなんやろうね!!

まあそれは博多ラーメンとかにも言えること!!

ロックンロールに例えると、やはり色々音数を増やしていくよりはもっとシンプルなロックンロール的な(笑)

おっと!!クラセンのライブレポが既にもうこの時点でここまでなってきてしまった…(^_^;)

なので、ライブ中に言いたいことはだいたい言ったんで敢えてブログでは色々言いません(笑)

かる~~~く振り返ります(笑)

_KUqIPFwSCxXcXbv8fCY02m4VC5IEX_PEhAnNnnLKrU

The HIGHリリース記念アフターパーティーと題したイベントは、1部、2部と分かれた構成で行われました。

1部はセットリストを決めずにアルバムの12曲と特典CDに付いてた3曲の15曲の中からくじ引きによってやる曲を婉曲するというシステム。

sgrZvPliyHqPNd_1oFxTwDVbFx5T7ZgrnrjIp4mGrSY

写真見て判るように1曲、1曲アルバム制作時のエピソードや曲がどうやって出来たかとか小ネタを交えながらのダルダルトーク(笑)

俺はこの1部ではアルバムの時に実際にレコーディングで使用したベースに1曲毎に持ち替えてライブやりました!!

RTAK-GmsRGpXz7Fgu8RLJKsC3smoAqO48bgw9149ylA

このプレべはTwin TaleやMr.プレジデント、スマイル・フォーミーとかでレコーディングやりました!!

1部のラスト2曲がバイオリンベースでレコーディングしたユア・マイ・ベスト・フレンドとI Want Your Loveやったんやけど、この流れでのラスト2曲っていうのは普段のライブでは絶対に有り得ないと思われるので、これはこれで良かったんかもね(笑)

そんなこんなでライブハウスのことを120%判ってらっしゃる俺達はちゃんと休憩時間を作り皆さんがちゃんとお替りのドリンクが出来るような時間も作りました(笑)

そんな中、本邦初公開なミュージック・ビデオ「Someday.Somewhere」を流して、みんな楽しんでるな~っとか思っとったら、後半の所でみんな失笑がおきてるではないか??

そんな笑えるところなんかこのMVには入ってないハズなんやけどね…(^_^;)

まあまだ見てない人は是非ご自身の目で確かめてください(笑)

そんな歓談タイム的なのが終わり、今度は残った曲からセットリストを決めたミニライブ!!

mMl3Q6XSsae0KvPJ-eSPV4oeQUuZTsQ0QoMdoTtCJtg

曲順はこんな感じ!!

DLdzXyk1_ByENmG_9IhlRAAfVQr5zB5QjO2eOrEnb20

まあ普段の感じでやれてこれはこれで良かったな!!

ライブ終わっては軽くイベントタイムの後、メンバーのみの打ち上げ!!

Hk1AFIf1pA2BljEQ8N7f27ESi08v--80wm_Nohzh8yE

このイベントを後押してくれたクラセンスタッフマリコ(※カストル・ファンクラブというバンドのベーシストでもある)にも顔立て出来てほんと良かった!!

まあこんなイベントはたま~~~~にしかやらないと思うけど、またあるかもしれないこんな日に向けて、明日から精進しまっす!!

明日からはラーマのGREの通しリハ!!

GREの通しリハは毎年巣鴨の大きなスタジオ使ってやるんで、毎回気合いが入る!!

俺も今年は4回目でなんか今までのGREの中で一番楽しく出来そうな予感がするんよね!!

そういう意味でも俺もやっといっぱしのラーマメンバーになって来たんやないかな~??って思っております!!

HIGHのライブのMCとかでネタで「俺がHIGHでは伸び伸びやってる!」とか言ってるけど、皆さん誤解の無いように改めて言っておきますが、ラーマでも俺結構言いたいこと言ってるんやけんね!!

ラーマはラーマでもの凄く良いバランスで俺はやれてると思っております!!

まあその辺は今年のGREで結構伝わると思うな!!

そんなこんなで俺丸々ラーマ4周年記念、GRE2015是非とも宜しくね~!!

2015年9月16日(水)

『~マーク・ボラン追悼~GLAM ROCK EASTER vol.29』
会場=下北沢GARDEN
出演=Rama Amoeba(featuring Mitsuhiro Ishida)、サポートメンバー:三国義貴/原田千栄/高仲尚子
ゲスト:和嶋慎治(人間椅子)
開場/開演=18:30/19:30
料金=ADV\4,500- DAY\5,000-(別途ドリンク代)
チケット=7/18~チケットぴあ(Pコード:269-000)、ローソン(Lコード:75685)、イープラスにて一般発売開始!問い合わせ:下北沢GARDEN/03-3410-3431

 

俺のwebでも予約受け付けてますんで!!

Rama Amoeba★9月16日(水)下北沢GARDEN

宜しくね~!!

Comment(0)

2015.08.25 Tue

Matty’s 45 Year ! When I’m Forty-Five 終了~~~~~!!

DSC_5194-ok

構想約1年、この日の為に1年間頑張ってきたと言っても過言ではなかった8.20 渋谷 TSUTAYA O-WESTでのバースデーイベント!

イベント終了からもう5日経ってしまいましたが、まだまだあの日の様々な瞬間が俺にとってとてもスペシャルに目に焼きついております。

間違いなく自分の音楽人生の中で一番スペシャルなイベントやったし、俺の45年間の誕生日の中でも一番幸せな誕生日でした!!

11201863_717013795098771_9061478693819722034_n

WESTの入り口にはレッドクロスやサンライズ・スピリットさん、ファンって言える程の器でもないですが、いつも俺の活動を応援してくれてる方々が集ってこのような花輪頂きました…m(__)m

11863424_716925408440943_1961910654242071737_n

いや~ほんとありがとうございますm(__)mm(__)mm(__)m

楽屋にも花束やスペシャルなプレゼントを沢山頂き、ほんとありがとうございました!!この場をお借りしてお礼言わせて頂きますm(__)m

さて、イベントはと言いますと…

平日の17時OPENという中、OPENから沢山の人に集まって頂きありがとうございました!!

俺のイメージだと、最初は疎らに人が居て、RISちゃん登場してからなんとなく会場が埋まっていくみたいなイメージやったんやけど、OPENから200人近くの人でなんとも嬉しい予想外の展開でした!!

なんかRISでステージに上がった瞬間、グラサンしてカッコつけとったんやけど、実はちょっとウルっとしとったんばい(笑)

そんな中RISスタート!!

_DSC4063

今回は超スペシャルでキーボードのDIEさんも参加してくれました!!

 

11911057_947374435320334_470627367_n

D2Txh2Nwk9fqKoDFNSE01RiRVM9YpVVpTFo6FvjvNGk

DIEさん入れてのリハはたった1回のみやったけど、たった1回とは思えぬくらい良い感じで、さすがの魅せ方やったよね!!

俺もDIEさんの動きをチラ見しながら、いつもと違ったRISでのステージングでこのO-WESTを盛り上げていきました!!

ris絡み

無駄にRISちゃんに絡んでみたり(笑)

まあ、冗談はさておき、なんか今までのRISちゃんのライブの中でも群を抜いてこの日の4人編成のスタイルが評判良かったみたいで、このWESTでそんなライブが出来てほんと良かったな!!

RISセットリスト

1.Let It Die/2.Not a Cat/3.Love Club/4.シンデレラ・シティ/5.Space Fighter

そんな中、お次はサブステージでのダイナマイト☆ナオキ(笑)←何故笑う??

(※今回俺が出るバンド以外のGUESTと呼ばれる出演者さんは全てサブステージという、かなり贅沢でレアな演出にしてみました。快くサブステージで出演してくださったGUEST様、本当にありがとうございました!!)

ナオキ

そんなスペシャルなゲスト様、ナオキ様ですが、俺は次の準備をしてたんでナオキが何を歌ったかは判らんのやけど、予想通りの失笑がバックステージにも聞こえて来てて、まあ俺の予想通りの展開でもあったのでちょっと安心した(笑)

ナオキは俺の25年間のバンド活動でもここ3、4年くらいの付き合いと比較的浅い付き合いではあるんやけど、バーバレロンズで一緒にバンドやってたり多分今後ナオキとはお互い音楽辞めない限りずっと続く関係と思われるので、この日にどうしても出て欲しかったんよね!!早い時間での出演ほんとにありがと!!

んでもって2番手はThe HIGH!!

_DSC4292

まあ俺の現在進行形なバンドであって、ラズのお客さんやFURSのお客さんに今現在の等身大な俺を見せるには持って来いのバンドです!

HIGH8.20

ライブ本番前のバックステージショット!!

HIGH8.20 2

HIGHは一昨日のBLITZでのライブでもそう思ったんやけど、意外に大きなステージが似合うバンドと思う!←って、自分で言うな!!って感じやけどね…(^_^;)

まあ、それに恥じないよう今後がんばっていくけんね!!

HIGHでWESTワンマンを目標にしよう!!

セットリストはこんな感じでした

HIGhセットリスト

HIGHの後はDJタイム!!

もちろんDJはYASU!!いつも俺の大事なライブの時に必ずDJで参加してくれてありがとう!!

そんなDJタイムの後はこの日の為に再結成されたFURS。

nao

NAO!!

多分ソロでは着てなかったと思われるユニオンジャックのジャケット!!

FURS一夜限りの再結成ってことで、どんな衣装にしよっか??ってなった時にやっぱナオはユニオンジャックのジャケットやろ!!って話になってね!!

ナオがユニオンジャックの時はバックの3人はストライプのジャケットやったんやけど、若干メンバーの1人が「もう捨てたバイ!!」とか言うもんでね…(^_^;)

そんなこんなでバック3人はFURSの後期に並木で作ったお揃いのジャケットで登場!!

コーヂ

「もう捨てたバイ!」疑惑のオンドラムス!!コーヂ!!

コーヂは多分この日がライブで初披露となる60年代のプレミアのドラムセット!!

これ、ほんとはVanishing Pointの時のレコーディングの時にコーヂが初めてヴィンテージのドラムセットを海外から取り寄せて買ったんやけど、海外なんで結構適当でタムを止めるピンが揃ってなかったりして、しかも古過ぎて現行のプレミアのパーツだと仕様が違ってて、レコーディングではなんとかなったけど結局ライブでは使えなかったドラムセットやったんよね!

今回のライブでコーヂが「プレミアとグレッチどっちが良い??」って聞いてきて、お客さん的にはコーヂはグレッチなんやろうけど、俺は敢えてプレミアをリクエストした!!

そのサウンドは想像以上に良くって、HEESEYさんとかも絶賛してくれてたんでこのチョイスで良かった!!

king&matty

んでFURSの俺とTomoaking!!

まあこの2ショットは散々HIGHでもあるんでね(笑)

智明がMCでも言ってたけど、智明とももう13年くらい一緒にやってるんよね!!俺の歴代長いメンバー1位がコーヂの17年、ラズは12年の活動なんでオリジナルメンバーのヒロとは12年、ダイはその1年後に入ったんで11年、ということは2位は智明になるんよね!!

なんかあっという間な13年なんで、こりゃあっという間にコーヂ追い越すかな??

これからも宜しくね!!

furs 8.20

そんなFURSのセットリスト!

1.Vanishing Point/2.Sweet Peanuts/3.壊れたピンボール/4.Free Man/5.Save Me /6.My Honey Lizzy/7.エブリデイ

上手から見るWESTの景色は下手から見える景色とまた違ってなんかそれも気持ちよかったな!!

FURS結成当時は当時のUKバンドの殆どが上手ベースやったこともあって、カッコつけで上下の立ち位置を変えたのが解散まで引っ張られて…

まあそういう若気の至り的なのも含めて当時のこと色々想い出しながらライブやったな!

Vanishingの勢いからPeanutsに入ってエンディングで爆発する感じや、ピンボールで聞かせてからのフリーマン!

この曲の間奏部分のドラム→ベース→ギターの順に音数が増えていく高揚する感じや、Save Meで壮大なスケール感を出した後からのリジーのドラムイントロ!!

ラストのエブリデイでの会場との一体感と、当時のFURSというバンドの良い部分を余すところなく発揮出来たように思うんやけどいかがでしたか??

個人的には天井の高いWESTのステージでのSave Meは圧巻やったね!!

FURS初期の頃、休日の昼間にナオん家に行ってビール飲みながら、お互いに好きなCDを聴かせあいながら出来た曲やったりしたもんでね!

この再結成ライブが決まって初期の頃の曲何をやろうか??って思った時に迷わずSave Meやったね!!

FURS終わってからはなんと!!

サブステージでのゲストにHEESEYさん(withオノチン)でした!!

heesey&onochinn

いや~HEESEYさんにアコースティックでの出演なんて、ほんと大変おこがましいお話なんですが、快くご出演して頂き、本当にありがとうございました!!

しかも追憶のマーメイドなんかも歌って頂き、これまた俺なんかよりお客さんの方がめっちゃラッキー!!って感じやったよね!!

HEESEYさん終わったらお次はラーマアメーバ!!

_DSC4579

ラーマなマティ!!

6月の九州ツアー後、体調不良によりライブ出来なかった大島さんが約2ヶ月振りの復帰ライブとなりました!!大島さん

ラーマの楽曲アレンジで結構大島さんのドラムに合わせたベースラインが多く、そのどれもがちょっと特殊なアレンジなもんで、ほんと唯一無二なサウンドっていうか、この感じがRama Amoebaって感じで、このベストな状態でWESTでやれてほんと良かったな!!

大島さんライブ後も体調大丈夫やったとのことで、年内の仮で決まってたスケジュールも正式に出来ることになり、もう少しでその辺のスケジュールも発表出来ると思いますのでしばしお待ちを!!

rama

ラーマにライブに関しては流石の一言!!

秋間さんの俺への弄りも流石の一言(笑)

Ramaはまだまだ未熟な俺を最大限に引き出してくれるし、俺のベーシスト&ミュージシャンとしてのクオリティもここで弾いてると実力以上に評価されるので、ほんともっともっと俺も頑張ってメンバーの一員として恥じないように貢献していきたいと思います。

Ramaのステージでのこの日のマルコシソング「オレンジ色の月」はほんと体中からアドレナリンが出まくってこの日一番マックスにテンション上がった瞬間やったな!!

なもんで、ここいらで俺結構へばってました…(^_^;)

そんなラーマのステージの後は…

スペシャルゲストROLLYさん!

rolly

実はROLLYさん前日に腕が上がらなくなって、本当はギターが弾けない状況だったにもかかわらず、当日のギリギリまで腕が動くように治療されてて、リハーサルの時もベストな状態じゃないのに何とかその状態でプレイ出来るように一生懸命やってくださってほんと胸が熱くなりました…(ToT)

なんかほんと嬉しかったです。ありがとうございましたm(__)m

そして本日の大トリはRaspberry Circus!!

ras バックヤード

今回はスペシャルに三国さんをキーボードにお迎えしての編成でした!!

三国さんは元々はラズが所属してた事務所の先輩でこの事務所に入るきっかけも三国さんが当時社長だったダディ竹千代さんに推薦してくれてそこに所属することになったんよね!!

なんで三国さんが酔っ払うとよく俺に言うセリフが、「お前、俺のお陰でデビュー出来たんだからな!」って…(^_^;)

判りました!!死ぬまで介護致します(笑)

そんなラズベリーサーカス!!

自分でいうのもなんなんやけど、リハ入って感じたことは、今やっても全然色褪せてないなって思った!!

なんかだいたい20年くらい前のバンドとかって当時の時代性も入ったりして今やるとちょっとギャップあったりもするんやけど、現ライブハウスの店長の目にも今全然有りじゃねぇ??って感じましてね(笑)

ras

セットリスト

1.ファンタジア/2.ストロベリーシスター/3.Hotな夜をFightでGo!/4.セピア色の招待状/5.バラ色Baby Action/6.Days In Green/7.星空のミュージカル/8.Poison Bloom

今回この曲順に決まるまで相当メンバー間でやり取りしあってですね…

まだまだやりたい曲はいっぱいあったけど、時間的にはもうこれが限界でした…m(__)m

最終的には俺がやりたい曲を優先した!!それは何でかって言ったら、各々のメンバーがやりたい曲がやれなかったら、また誰かやろう!!って言うかも知れんって思ってね(笑)

まあ俺でもまだやりたい曲は沢山あったけどね!!

ras matty2

そんなラズベリーサーカス、前半1,2曲目は疲れか緊張か判らんけど、なんか頭の中がフワ~~ってなってて結構凡ミスやってしまってね…

ちょっとそれが悔しかったな…(>_<)

ras matty

3曲目のHot辺りからは結構平常心になり、なんとステイシーロックス時代の「セピア色の招待状」へと!!

ラズ時代、ステイシー時代も含めてこの曲あんまりやってなかったと思うんやけど、今回敢えてこの曲やってみたら、三国さんなんかスッゲ~カッコいいって言ってくれて、20代前半に作って自分達の作品を今こうやって評価されて、なんか嬉しかったな!!

その後はバラ色Baby Actionへと流れて、キャプテンズ傷彦の登場(笑)

DSC_4665-ok-web

傷彦ともここ3年くらいの付き合いになるんやけど、ラズの復活を知った時にどうしても何かお祝いしたいって毎回会う度に言ってくれてたんで、今回バラ王子をバラ繋がりでお招きしました!!

でもその後の傷彦の占いはほんとビックリしたな(笑)

本番前楽屋で「ガチで占うよ!!」とか言うもんやけん俺マジでビビッてたもんね(笑)

傷彦

初めてみた人も多かったと思いますが、皆さん「最後のグループサウンズ、ザ・キャプテンズのリーダー傷彦」是非応援してあげてください!!

そんなこんなで占いも終わり、意外にこの占いで平常心を取り戻し、ライブ後半は俺がラズナンバーで一番好きかもしれない「Days In Green」から星空→ポイズンの鉄板ナンバー!!

なんか解散時よりもパワーアップしたと思われるラズベリーサーカスを今披露出来て本当に良かったと思います!!

アンコールはやはり、この人を差し置いて俺が1日ずっとベース弾く訳にはいかないでしょ!!ってことで、ベーシストHEESEYさんとしてここでゲストで登場して貰いました!!

heesey

ほんとHEESEYさんには20年以上お世話になりっぱなしで、俺の人生の転機にはいつも色んなアドバイスをしてくれて一番身近やけど、一番遠い存在で俺が尊敬するベーシストの中では群を抜いてるお方です。

そんなHEESEYさんにベースを弾いて貰って、なんとイエローモンキーの「ROCK STAR」歌わせて貰いました(笑)

BO-KARU

いや~なんて贅沢な…(^_^;)

このアイデアはhironoが「マティがイエローモンキー歌ったらみんな喜ぶよ!!」って言われて、最初は全然そんな気なかったんやけど、イベントの〆がこんなパーティーっぽい感じも俺っぽいかな??って思って自ら醜態さらけ出して思いきって歌うことにしました…(^_^;)

ROKKUSUTA

まあでも思いがけずヒロもイエローモンキー歌っちゃう羽目になった訳で、それはそれでちょっとラッキーって思った人もいたはず(笑)

俺に感謝しなさい!!( ̄^ ̄)

ケーキ

そんなこんなでまあぶっちゃけちょっとは想定してましたが、お約束のケーキ!!(※ってもしこれなかったらどうしたんやろw)

傷彦のバースデーソングでほんと皆に祝って貰えて幸せでした…m(__)m

んで最後の最後に出演者総出のセッションで「タイムマシンにおねがい」ROLLYさんバージョンをやりました!!

TAIMUMASINN

タイムマシン

この曲は昔ロンドン・ブーツ・ナイトのアンコールセッションとかで散々やってた曲なんで、なんかこのイベントのラストナンバーとしてしっくりきたよね!!

この俺が俺がな感じもやっぱ良いよね!!

 

ライブ後

ライブ終了後はバックステージに様々な人が駆けつけてくれました!!

やっぱこういうイベントって動員も大事なんやけど、どれだけ関係者やバンドマンが見に来るか!!っていうのもイベントがどれだけ注目されてるかのバロメーターになる訳やけど、それも個人的には満足いく人数でそれも嬉しかったな!!

押しに押し捲ったWestから打ち上げはラママに移動して行われました~!!

r3cj_XGRrFq7wpUBtRmGX89pAtm7nujqOL4jN9kLm0A

かつみ

aOXnsKOvuP9eM2CtLFEbhNHVkcZp6jkLFe3piHnX5Kk

hai keki

1440411738957

撮影 By Q太郎(笑)

この日のイベント出演者もさることながら、裏方の人間もほんと俺に深い関係の人間がこの日の為に集まってくれました。

なかでもこの日の舞台監督のQ太郎は元々は20年以上前はティラノザウルスとかのローディーをかっちゃんとかとやってたLa.mama界隈にいた奴なんやけど、その後ハイローズやフラカン、コレクターズとかのローディーやるようになってからは各地のフェスやデカイ会場でのライブでは引っ張りだこのローディーになってて、毛皮のマリーズやボウディーズの武道館ライブとかには「Q太郎さん、ぜひお願いします!!」って言われるような絶対的な信頼を得ている奴なんやけど、今回すっごく早い段階から俺の45歳バースデーイベントの日程を空けてくれてて、当日の場の雰囲気の作り方から全てにおいて凄く俺をサポートしてくれました。

この場をお借りしてありがとう!!

その他もほんといろんな人の支えられてこの日のイベントやることが出来ました。

 

生まれて45年、ライブハウスでバンド活動初めて25年、なんかこの日を終えて一つの区切りというかケジメが付いたように思えます。

まあ今までほんと相当気を張って突き進んできたんでね…

今後は別に手を抜くとかやないけど、少しばかり気を楽にして、第二の音楽人生を謳歌して行きたいと思います。

ライブのMCでhironoが「マティ生前葬」って言ってたけど、ほんと誰かの不幸とかで集まるんやなくて、HAPPYなことで集まれてほんと良かったと思うし、俺が過去にやってたバンドメンバーが今もまだ音楽を辞めずにずっと活動して来てくれてたから今回このようなイベントが出来た訳で、なんかそういうのも含めて出演してくれた方々、裏で支えてくれた方々、観に来てくれた方々全てに感謝致します。

ありがとう~!!

1440335979577

 

Comment(0)

2015.08.05 Wed

大分spot

大分spotってTOPSを逆にした単語やけど、そっからきとうとかいな??

という、くだらないあ疑問から始りましたが…(^_^;)

何年振りの大分ライブやったか忘れたけど、久しぶりの大分ライブめっちゃ楽しかったな~!!

IMG_2335

もう楽しすぎて、殆ど喋ってたようでベース弾いた記憶がありません(笑)

IMG_2333

なんでポケットまで手を突っ込んで喋らないといけなかったかも判りません(爆!!)

IMG_2314

もうほんとベース弾いてるショットがなかったんです(笑)

まあ冗談はさておき、大分って博多とは違ってロックやって行くのに充分な環境があるわけやないけど、それでもここの店長の坪井さんは20年以上もこの大分からロックを発信し続けとるんよね!!

↓店長坪井さん

11143660_760632160729384_6221715564783385514_n

なんかそう考えると俺はライブハウスの店長としてはまだまだ全然ダメやね…

でもこの大分でミュージシャンとして、久しぶりに坪井さんに今俺が一番納得行く状態のバンドを見て貰う事が出来てほんと良かった!!

その思いは10月24日の大分のイベントへと繋がって行く訳で…

今回はなんか俺の意地やプライド、仁義が第一優先な感じで組んだ九州ツアーやったんやけど、結果、バンドにとって今後プラスになることばかりに方向転換出来そうになった!!

都内では絶対に繋がっていかない、地方ならではの結束力やないけど、今回のこの2本は今後のHIGHの未来を変えていける架け橋となったと思います!!

そうそう!!翌日は俺一人残って、別府の後輩のバンドマンが7月から出した焼き鳥屋に行ってきました!!

九州にいたときはしょっちゅう一緒にイベントやってたウルティ・マディのドラマーの勝が出した焼き鳥屋「勝」←そのままやんけ!!(笑)

店の雰囲気もこじんまりしててめっちゃ雰囲気よく、近くにあったら絶対通うね(笑)

もし大分別府に行く機会あったら是非お立ち寄りください!!

DSC_1357

写真左は大将の勝、写真右は勝がウルティ・マディに入る前までのドラマーのクニ!!

どちらも大分に帰ったらいつも気持ちよく迎えてくれる頼りがいのある後輩ドラマー達です!!

いや~それにしても、この年になるとみんなそれぞれ人生背負って頑張ってるよね!!

俺はたまたま今でもこうやって音楽やり続けることが出来てるわけやけど、改めて出来てない奴の分も頑張っていかんとね!!って思いました!!

 

そんなこんなで8月1日&2日のレポはまた次回~!!

Comment(0)

2015.08.04 Tue

博多2デイズ!!

いや~マジヤバいっすね…

もう身体が全然おいついてね…(>_<)

気づけば、あれだけ熱く語ってた博多と大分のブログも書いてないやんか!!(^_^;)

もう忘れてしまったな(笑)

っと、今携帯の写真見てみたらなんか思い出して来たぞ(笑)

俺はメンバーとは今回別行動で、24日のライブの当日に自腹で飛行機で博多入り!!

メンバーは船かなんかで来たんかな??

俺は先月博多に来たっていう余裕もあって、慌ててラーメンを喰いには行かず、せっかくの別行動なんでずっと行っておきたかったヤフオクドームにある「王貞治ミュージアム」に行ってきた(笑)

DSC_1344

結構写真バシャバシャ撮っててそれ全部載せるとえらい事になってしまうんで、まあ数枚ね!!

DSC_1347

なんか一言では言えんのやけど、俺はバンド始めるまで朝から晩まで野球付けの毎日を送っとった奴で、中でも王さんは別格!!

色んな忘れかけてたモノがここにきて思い出された。

俺の中では「王さんと松田聖子と山川Kはウ○コしない!!」っていうくらいのカリスマやって、王さんの生き様には当時めっちゃ影響受けとった!!

まあでもそれを実戦することは出来ず…

出来なかったもんで俺はバンドやったんやろうね(笑)

割とここで時間費やしてしまったもんで、先月も行った俺の高校時代のバンドメンバーやった奴がやってるカレー屋に急いで行ってみる!!

写真撮り忘れたけど、やっぱりここのカレーは、めっちゃ美味い!!

ラーマのポスターも貼ってくれてて、それも偉い!!(笑)

今回HIGHのポスターも全員のサイン入りで書いたんでまた貼ってくれてることやろう(笑)

博多行ったらラーメンだけやなくカレーも是非食ってみてね!!

http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40006112/

というわけで、↓が高校時代のボーカルです!!

IMG_4369

いつかまた一緒日にライブやりたいな~!!

そんなこんなで今回博多で初ライブとなるThe HIGH!!

対バンはスクイーズって言って俺が博多にいた時によく対バンしとった3バンドくらいが合体した、まあ東京で云う所のグラップスみたいな(笑)←逆に判らんか??

そんな連中と久しぶりに!!

もう1つトリを務めて頂いたバンドも当日会ってみたら、あらびっくり!!めっちゃ知ってる先輩やん(笑)

まあそんなこんなで各々のバンドのMC中に俺ネタを交えながら、良い感じに盛り上がったようで(笑)

そんなのも博多の良いところよね!!

肝心のHIGHのライブは、まあもっともっと多くの人に見て貰いたかったけど、博多初にしては上出来やったんではないでしょうか??

まあちょっと残念なのはもう少しでHIGHだけで50人オーバーやったんよね!!

対バンにもHIGHのメンバーにも俺がちゃんと客入れるけん俺信じてライブやろうぜ!!って言い切ってたけん、そこクリア出来ずちょっと残念でした…(>_<)

そんでもって、翌日はなんと!!

博多時代にずっとお世話になっとった山本さんの結婚式が博多駅前の豪勢なホテルであるってことで俺も出席して参りました!!

いや~でもほんとガラ悪い人ばっかりやったね(笑)

ヤ○ザの結婚式かと思ったもん(笑)

まあだって主役がこの人なんでね!!

11800179_760116144114319_8246171188834984188_n

いや~50過ぎてこの風貌(笑)悪いっす!!

音楽関係者250人くらいいたかな!!

11745853_724918817637075_8606112020534779708_n

俺はなるべく平和な人達と一緒にいました(笑)

ちなみに俺の隣の席はオカヒロさんと…

この人↓

11705182_760086457450621_3435474547093512271_n

岩田貴雄(笑)

俺も貴雄も山本さんもダイやコーヂも15年くらい前までは家賃1万円の通称「どくだみ荘」と呼ばれる同じアパートに住んでおりました!!

バンド版「ときわ荘物語」みたいな!!

まあそんなこともあってね…

俺は新郎新婦が入場する時にはもう泣いてたな(笑)

まあ途中から酔っ払ってあまり覚えてませんが…

2次会のライブイベントにも行きたかったんやけど、俺せっかく翌日は実家の大分でのライブやったもんで親孝行しに一足先に大分に移動しました。

大分&東京2デイズはまた後日~!!

Comment(0)

2015.07.23 Thu

博多と大分

いよいよ明日からThe HIGHの九州ツアーがスタートします!!

俺以外のメンバーは今朝機材車で九州に向かい、俺は仕事の都合上明日自腹で飛行機で現地集合!!

まあ皆さんご存知の通り、俺にとって博多と大分は切っても切れないっていうか、ほんと第一、第二の故郷ってことで、明日からの2本のライブは本当に気持ちが高ぶる…

俺の生まれは大分で親父の仕事の都合で中2から博多に転向することになったんよね。

大分にいる頃は朝から晩まで野球少年で小学校の頃の友達は俺がバンドやってることを後で知ってほんとビックリしとったけんね!!

なので親父の仕事が変らなかったら俺はバンドやってないと思うけん、ここでみんなとこんな風に出会うことは無かったんよね…

まあ運命なんてそんなものやけど、俺が大分から博多に引っ越したことは俺の人生でもめっちゃターニングポイントとなる。

中2で博多に転向して先ず一番に先例を受けたのが方言やった!!

関東の人間からしたら博多弁と大分弁の区別はつかん人が多いやろうけど、この博多弁と大分弁は中2の頃の俺にとっては関西弁と標準語ぐらいの差があった。

大分ではガキ大将といっても過言やないくらい仕切ってた俺がこの福岡にきたら、全然舐められてる…

まあ、中3の時は同級生のヤンキーはガラス64枚も割って新聞に載るようなリアル金八中学やったもんで、なかなか手強かったんやけどね!!

そんな訳で俺がここで生き抜いて行く為には先ずは言葉から!!ってことで、1学期間で俺の方言は大分弁から博多弁へ…

なんかそういう経緯もあって、それからの俺は「博多っ子」として生きてきてたかな…

博多に来てからは俺は中学校の野球部には入らず、地区でやってるボーイズリーグ(硬式の野球チーム)に所属し、弱小野球部ながら3年になる頃には4番を打つくらいの中心メンバーになっとったんやけど、この野球部の先輩がギターを持ってたことにより、後輩の俺たちがバンドに目覚めることになる訳ですよ!!

そっから俺の人生が「シミケン」から「マティ」に移行していく訳ですね(笑)

高校に入って(※俺が入った高校はビーバップハイスクールのモデル校w)バンド組んで、高校生ながらなかなか人気もあり、その時から俺が仕切ってビブレホールって高校生じゃほんとは貸してくれないライブハウスを学校の先生を口説いて責任者にして企画とかしとったな!!

そうこうしてるうちに同級生の他校のバンド仲間も増えてきて、更にクオリティ高いメンバー同士でバンド組んだりして…

俺がやりだしたシリーズイベントのタイトルが「邪鬼の叫」(※ジャキのおたけびと読む)(笑)※この当時はジャパメタみたいなことやってたけんね!!

ビブレホールには高校生イベントなのに毎回200人オーバーのイベントで当時Be-1とかに出てた中堅メタルバンドの人達がメンバー探しに見に来るようにもなっとったね!!

そこで先輩バンドに引っ張られてBe-1デビューする奴も結構いたな!!(※当時の俺達は高校卒業したらオリジナル曲作ってDrum Be-1に出演することがプロになる為の第一の登竜門とされていたw)

まあこの辺のことを書くとほんと明日の飛行機に乗り遅れかねないのでちょっと省きますが…

そんな切磋琢磨しながらヒロと出会いSTEACY ROXXを結成、天神徒楽夢オーディション(ドラム)→Be-1昼のオーディションと経て、晴れて夜の部の出演をゲット!!

それからツアーバンドの対バンをし、1年後には初のワンマン!!(※このライブで当時の博多インディーズバンドの動員記録を塗り替えた!!)

その後、ツアーみたいな感じで、色々大変やったけど、地道にこの博多で活動しながら全国区になっていけた訳ですよ!!

そん時によく対バンしてたのが明日対バンのスクイーズのメンバー!(その時はメンバーばらばらでそれぞれバンドやっとたんやけど、最近その辺が集まってカッコいいロックンロールバンドを組んでるんで明日観る人はそちらもぜひね!)

博多で育ち、東京のバンドマンに負けるか!!って思いで20代前半の頃は2、3ヶ月に一回は東京でライブしとったけんね!!

ほんと金とか全然無かったけど、プライドと意地(※バンドマン特有の「根拠の無い自信」)だけはめっちゃめっちゃあってね!!

まあそんな博多でのライブ、もちろんラズでもそこそこ結果残したし、FURSの解散ツアーでもそれなりのものを残せたと思う。

先月のラーマでもメンバーのお陰もあって以前の俺からでは比べ物にならないくらいのクオリティのライブを残せたと思う。

でもなんかやっぱり、この「The HIGH」というバンドでなんかスゲ~ことやりたくってね!!

今の俺の等身大のバンドが今の博多でどれだけ受け入れられるか??明日のライブでもしコケたら来月、再来月取り戻せるわけやない…

たった1回しかチャンスが無いんよね!!

ほんとでも、このなんか知らん緊張感が堪らなく気持ちいい!!

博多の今でも活躍してるバンド連中はほんと嬉しいけど、絶対に負けたくないけんね!!

そんな熱い想いを抱えて明日はめっちゃ頑張るばい!!

んで、大分(笑)

前出の話にあったように、そんな流れで俺は20代の頃は「出身は??」の問いに、「博多バイ!!」って言い続けてたんやけどね…(^_^;)

まあでも今実家は大分にあるし、なんか一回りの二回りのしたら博多とか大分とかどうでも良くなってきてね…

最近はみんなの突っ込みもめんどくさいんで「大分」って答えてる(*^_^*)

そんな大分、ていうか博多と大分事情なんやけど、バンドマンはみんな知ってる話やけど、Be-1とTOPSで色々トラブルあったりして、出禁だのなんだのって色々めんどくさい出来事が何年も引きずってるみたいやけどね…

俺はほんとそんなことどうでも良い!!(※まあこのケンはまた今度ね)

そんな大分やけど、ラズの時は毎月のように大分でライブやってそこの店長の坪井さんと音楽談義をして悩んで、落ち込んで博多に戻ってきて、また翌月ライブしにいく!!みたいにそうやって俺達はバンドを成長させてきてたんよね…

そんな大分にラズの解散の時は周ることは出来ず、FURSでも初期に一回行ったのみ…

正直全然お客も入らないので赤字になるわけで、今まではそっちの方が人間関係より優先されてたんやけど、なんか今回このThe HIGHってバンドでどうしても大分でやりたいと思ったんよね!

要素は何個かあって、The HIGHというバンドを大分の店長坪井さんに観て貰いたい!!っていうか魅せつけたい!!(※これがバンドマン流の恩返しって奴!!)

もうひとつは、ここでこんなこと言うのもなんなんやけど、俺は母が40のト時の子で俺が今年で45やけんそうなると今年85歳になるんよね!!(ってか、日が変って24日にまさしく85です!!いえ~~い!!パチパチ!!)

俺の今の活動スタンスやと、毎年大分にライブしに来るのはちょっと厳しいと思われる…

そうなると、母親にあと何回俺の生まれた故郷でライブを見せれることが出来るやろうか??って思った時に、ほんと後何回??って思った訳よ。

HIGHのメンバーはみんな大分に関してはちょっと馴染みが薄いので最初は大分での話が無くなりそうやったんやけど、俺のこの想いを汲み取ってくれて、今回大分でのライブが決まった!!

なので、今回の大分はほんと悔いの無いように思いっきりライブやりたいと思いますので皆さんもこのライブお見逃し無くね~!!

Comment(1)

2015.07.16 Thu

The HIGH @ Zher the DOO YOYOGI

という訳で…

タイトル間違ったの判った人~!!o(*⌒O⌒)b

っとまあ、冗談はさておき、先日のThe HIGHの普通のライブに来てくれた人、どうもでした~!!(笑)

いや、でもね!!ライブでも言ったけど、この「普通のライブ(ブッキング)」っていうのがメッチャ重要なんよ!!

ライブハウスシーンが低迷してもうかれこれ何十年か経つけど、このワンマンでもツーマンでも企画でもレコ発でもない、通常のブッキングで3バンドで150人以上の動員!!

これはほんと今のライブハウスシーンでは滅多になくなってしまってるんよね…

でも観に来てくれた人は判って貰えてると思うけど、最初から最後までどのバンドも楽しめたと思います!!

まあやってる本人達も必要以上になんか力入っちゃって(笑)

でもそれってなんか対バンに絶対に負けたくねぇ~!!みたいな競争心とか生まれてくるものであって、こういう切磋琢磨して昔はバンドが成長していってたものなんです。

またまた前置きが長くなりましたが…(^_^;)

そんなこんなでこの日の対バンはThe HIGHのhironoが20歳の時に在籍してたLOVE MISAILEの青木さんが中心になってやってるLOVE ME DO(※って、今更こんな説明要らない??w)

もう一つはThe HIGHの今回のアルバムのプロデュース&MIX+マスタリングと、HIGHの全てを知られてるジェフさん率いるTHE ORANGES!!

どちらも大先輩に当たる訳ですが、やはり俺、こういうのってすごく燃えるんです!!

こんなに気合いの入ったライブはありませんでした!!

sre2pA7O4JJ7wHdmCjzsuG66yRJMvIIgaV0xLRd7CUM

??(^_^;) あれ??

なんか目が寄ってない??(笑)

こんな顔した覚えはないんやけどね…(^_^;)

ねぇ!ベニーさん

IKSqR9bD692UnVv3ckOXqF4qDy7-WoJwi6jSQZlDD4A

あら??お前もかよ!!(^_^;)

 

はい、そういうわけで…m(__)m

セトリ!!

jIpPYUnhK7gkWK4My5WarwfXHcvcInKUi1gMuAlJEuc

3マンやったけど、ツアーで短めのメニューが多かったり、トリということもあってちょっと職権使っちゃいました…(^_^;)

アンコールでラブミサイルのデビューアルバムのhironoナンバー「Come On」を急遽当日やろうってことになって、慌てて思い出しました(笑)

HIGHは初期の頃は自分が過去にやってたバンドのカバーも交えててライブやってたんで、Come Onも1回やったことがあったんで、まあなんとかなりました!!

xhJDkRVBpyU031_j3OQjznXls2RjR4Q5ZYrMNRMeNKc

そういえば、昔こういう人おったわ~!!(笑)

そんなこんなで、みんなで…

WRBGhUPoFFMDiZkxbDY6EOen-hNAkKJKM1yvXkOMdak

ドゥ!(笑)

※若干一人乗ってませんが…(^_^;)

また是非このメンツでやりたいな~!!

そんなこんなでThe HIGHはいよいよ再来週は九州ツアー!!

俺が中2で博多に引っ越してきたことで俺のロックンロール人生が始ったけんね!!

その博多でこの今のThe HIGHをめっちゃ魅せつけてやりたいんよね!!

んで、翌日の大分は俺が生まれてから中1までいた所で、今実家はそこにあるんやけど、もう母ちゃんも80過ぎちゃってて、俺もそんなに年がら年中大分でライブやれる訳じゃないけん、万が一のことも考えて、このHIGHのアルバムツアーでどうしても大分でやりたいと思ったんよね!!

メンバーにも結構無理言ってやってくれることになったんで、この2日間は絶対的に良いライブにするけんね!!

皆さん是非とも観に来てください!!ってか、博多、大分の人は絶対に来るように!!

俺に恥かかせるなよ~!!(笑)

あと、ライブとかでもちゃんと告知出来てなかったけど、9月6日(日)に横浜のクラブ・センセイションでこのリリースツアーのファイナルっていうか、アフターパーティーっぽいのやることになりました!!

最初はO-WESTがファイナルみたいな感じでカッコよく〆たいところやったんやけど、その日はみんなも知ってるようにスペシャルなことが多すぎて、ここでHIGHがツアーファイナル~!!って言ってもなんかちょっと霞んじゃうっていうか…

なんかこういうの良くないんかもやけど、WESTまで俺はほんと死に物狂いっていかメッチャプレッシャーなんよ!!

ほんと今でも毎日不安でしょうがないし…

でも九州ツアーもO-WESTも絶対に成功させてやる!!って思ってるけど、まあそれ終わったらなんかちょっとただ純粋に楽しむだけのライブみたいなのやりたくってね!!

別に手を抜くとかじゃなく、アットホームなワンマンってのもたまにはやりたいな~っと!

そんなこんなで9月6日のクラセンは「緩いけど、楽しいワンマン!!」ってのをやろうと思います!!

俺も一回くらいメインで歌ってみたいな~なんて思ってたりもするんで、まあちょっと実験的な…(^_^;)←練習やないけんね!あくまで実験(笑)

そんなこともやってみようかと!!

まだメンバーにも伝えてませんが、そんな風に思ってたりもします!!

という訳で、クラセンは40人~50人くらいでパンパンになるとのこと。

どうせならソールドアウト!!って言っちゃいたいんで、皆さんチケットの予約はお早めにね~!!

って、確か今週の土曜日やったかな??

皆さん、ホームページのチェックも宜しくです~!!

ちなみに次の俺のライブは7.20(月祝)※海の日にZher the ZOO YOYOGIでRISでサポートで出演しまっす~!!

対バンはマッドさん&滝さんのOVER/UNDER、オノチンとロゼッタシンジのバンド(※ドラムのサポートはコーヂ)、バーバーズとの4バンドで、俺はトップバッターでの出演となります!!

そちらもぜひとも観に来て下さいね~!!

RIS★7月20日(月・祝)Zher the ZOO YOYOGI

『GOOD TIMES/BAD TIMES』

日程:2015年7月20日(月・祝)
会場:Zher the ZOO YOYOGI
出演:RIS / PIECE OF THE PEACE / OVER/UNDER / BARBARS

時間:open 18:30 / start 19:00
料金:adv.¥2500(+1drink) / door.¥3000(+1drink)

Comment(0)

2015.07.09 Thu

The HIGHセルフライナーノーツ

1426927517078

はい!もう散々見飽きたジャケットとは思いますが、改めて(笑)

タイトルにもある通り、今回のThe HIGHの1stアルバムについて、俺もライナーノーツ的なのを書いてみようかと…

本当はレコ発後やワンマン前後にアップしたかったんやけど、今振り返ってもあの時期の忙しさっていったらほんと半端無く忙しくってあの時期何をどういう風にしてたか殆ど記憶にありません…

やはり「全部自分達でやる!」ということは、並大抵のことではなく、言い訳になるかもやけど、歳と共に生活の全てを音楽だけに時間を割くということもなかなか厳しい現実であり、やはり限られた時間、限られたチャンスをいかに自分達に上手く繋げていくかが重要となりますな!!

そういう意味では俺たちには若い奴らとは違う経験値がある訳で、やはり俺達くらいの年齢のバンドが1からやっていくにはその経験値やジャッジの見極めが重要なポイントになる。

今回傍では、HIGHのCDがめっちゃ売れてるように見えてるかも知れないけど、それはそうではなく、実際に発売するまでの期間にかなり厳しい状況のオーダー数やったりもして、いかに流通がUKプロジェクトだからといっても、各CDショップがウェルカムな状況ではなかったんよね…

でも動き出した船を沈める訳にはいかないし、俺にも意地がある訳で…

それは自分が今までやってきた音楽に対する意地であったり、対UKプロジェクトに対する意地であったり、全国のCDショップに対する意地であったり、今はやりのフェス向きな若手バンドマン達に対する意地だったり…

今まで経験してきたことや培ったこと全てをこのアルバムに注ぎ込もうと思った!!

俺はそもそもCDショップの展開とかってあまり興味がなく、それってバンドマンの自己満に過ぎず、CD発売しても2週間くらいのサイクルでその展開も無くなり、その2週間のうちに自分達の顧客をそこに集約してCD屋の売り上げに貢献するっていうなんともお人好しでバンド側にとっては効率の悪い販売方法には全く持って興味が無かったんよね…

でも今回は俺が働いてるUKプロジェクトがご好意で流通をしてくれることになったこともあって、その好意に対して余りにも売れないとほんと申し訳ない気持ちもなるな…って思ってね!!

UKの事務所とかで宣伝担当の子とかに会うと、「どこどこにサンプル送っておきました!」とか「サンプルのCD足りなくなったのでもう少し追加貰えたら!」とか「札幌の店舗がCDめっちゃ気に入ってくれたので展開してくれますよ!」とKダイレクトに会話してると、やはりUKの建て前もあってCDショップでもちゃんと売れないと!!って気持ちになってね!!

そういう経緯で、当初はアルバム購入特典をCDショップではもう少しチャライのにする予定でしたが、メンバーにもこの気持ちを伝えるとみんな理解してくれて、本来なら販売用に録音したアルバム未収録の3曲をタワレコのアルバム特典として付ける事にした!

これがまたhironoのアイデアで「NOT FOR SALE」なんでビートルズの「FOR SALE」のジャケをパロディにしたい!って話が出て、ほんと時間全然無いのに、このネタここで逃したらいつやるんか!!ってことで、寝る間も惜しんで作業に掛かりました!!

その効果もあって、発売フラゲ日から連日タワレコでは品切れ状態。これは俺も予想外で、まあ最低このくらいは売れたら!!っていうラインがあったんやけど、遥かにその枚数を凌ぐ形となってほんと良かったです!!

まあ、発売日までこれだけのことがあったもんで、そりゃあもうこのアルバムに対する想い入れも半端無いっすよ(笑)

という訳で、セルフライナーノーツやっとのことで1曲目(笑)

1.Do You Love Me

この曲は元々FURSの解散の話が出る前までFURSで作りかけてた曲で、その時の仮タイトルは「ビートル・キッズ」(笑)

Aメロのリズムやメロはリヴァプールな雰囲気でサビはTHE WHOのキッズ・アー・オーライト!みたいな雰囲気やって、まあその流れでHIGHでも作り出したんやけど、hironoの甘い声と歌詞の世界観がバッチリ嵌った曲に仕上がりました!!

hironoのセルフライナーノーツによると、「FURSの作りかけやった曲って聞いて、もっとカッコよくしてやろう!」って思って燃えたみたいやけど、お陰さまで俺が今まで作った曲の中で一番好きな曲になりました!!センキュ~!!

ちなみにイントロはどちらかというとRASPBERRIESなんです!!それは、ROLLYさんとルイさんに一発で見破られました(笑)←これ恥ずかしいというより嬉しかったこと(笑)

2.Morality

これは智明がリハでなんとなく弾き始めたフレーズをみんなでセッションしながら作った曲なんやけど、自画自賛しますと(笑)、ギターリフだけだとめっちゃどこにでもあるような単調なリフで何も考えないベーシストだったら、このコードに沿ってなぞるだけやったりするんやけど、それやったらほんと面白くない曲になっるんよね…

そこを俺なりに!っていうかジョン(エントウィッスル)なりの解釈でベースフレーズを当て嵌めてみたらなんとビックリ(笑)

まあ俺のベースフレーズはポール(マッカートニー)とジョンエントウィッスルで80%は占めてるんでね!!このような楽曲に仕上がりました!!

ちなみにこの曲はカルメンマキ&OZのベーシストだった川上シゲさんからめっちゃお褒めのお言葉を頂いた曲です(*^_^*)

3.Someday, Somewhere

智明原曲のポップなナンバー。Bメロの「神様がくれた~」の部分のベースラインが全然見えなくて、hironoに相談したら、THE JAMの「In The Crowd」みたいなのは??ってアイデア貰って、そっから曲全体のイメージも見えてきてようやくしっくり来た感じの曲になった。なので俺のベースフレーズの5%hirono節(ブルース・フォクストン)が入りました(笑)

4.Twin Tail

hironoが持ってきた曲で最初はもっとツェッペリン風で複雑なユニゾンリフのイントロやったんやけど、余りにもトリッキーなことが苦手な俺に擦り寄ってくれてこのリフに(笑)

サビは「All My Loving」を攻撃的にした感じ、間奏部分のベースが抜いた部分はWINGSの「Live and Let Die」のAメロのファンキーな感じを出したかったんやけど、意外に上手くいったかな(笑)

5.I Don’t Wanna Cry

最初このサビのメロディーが浮かんだ時に、これは絶対にhironoの声に合う!!ってめっちゃ思って!!でも、なんかどこか聴いたことのあるようなメロディやったりもして…って、まあ俺の曲の殆どは「どこかで聴いた事がある」っていうのが逆にテーマやったりもするんやけどね…(^_^;)

そんなこともあって、この曲を出した時に「なんかこんな曲ラブミサイルとかジュリアンで無かったっけ??」ってhironoに聴いたら、「いや、大丈夫だよ!」ってことやったんでそのまま曲作っていくことに…

ライブで披露した後にジュリアンから来てるお客さんから、「ジュリアンの「??」っぽい」って!!(^_^;)※曲タイトル確認中

そっか!そりゃ、hironoにバッチリあうに決まっとうよね(笑)

まあ結局は本人が歌ってるんで、パクリにはなりませんな(笑)

サビのルビ~でチューズで~な感じが俺の最初の狙いとは真逆になったんやけどめっちゃ気に入ってる!!これこそバンドマジック!!o(*⌒O⌒)b

6.I Want Your Love

HIGHで一番最初に出来た曲。hironoは他の曲と比べると同じライブで一緒にやり辛いとのことやけど、まあそれはシンガーとしての心情もあるんやろうね!!まあ長男としてはちょっと可愛い感じかもやけど、今後も何かある時は力になってくれると思います(*^_^*)

7.Smile For Me

智明が持ってきた曲でまあ「Town Called Marice」になれば良いかなって思ったけど、この手の曲は世にパターンが出過ぎててなかなか難しいんよね…

だから敢えて逆にBOOWYっぽいって言ってしまった方が潔いいのかな??っとも思います。

でもこの曲のお陰でHIGHのキャッチコピーの中で「バブル期のジャパニーズロックのエッセンス」という言葉が出てきて、逆にそれがHIGHというバンドと今の流行りのバンドとの差別化が出来たと思ってて、実は感謝してます(笑)

8.Baby Close Your Eyes

まあ、「RAIN!!みたいな…(^_^;)」って思われがちですが、実はイントロはTHE STAIRSなんよね!!

THE STAIRSもビートルズの影響バリバリ受けてるのでまあ基を正せばビートルズになるんすが…(笑)

この曲のBメロではちょっとスモールフェイセズの「My Mind’s Eye」のBメロみたいなフレーズ組み込みたかったんやけど、なかなかしっくりこないままレコーディングを向かえ、録り始まるちょっと前にジェフさんに相談したら良いフレーズが出てきて、それをG&シタールソロ後のBメロのみに適用してみたら意外に良い効果を生んだ!!

という訳で俺のベースフレーズにジェフさん(※ロニー・レーン)節が5%加わりました(*^_^*)

9.Fruit

この曲の基ネタはストーンズの「Suzie Q」

俺は過去にもスージーQをネタに曲作ってて、それがFURSの「My Honey Lizzy」

どちらもみんなには判り辛いかな??ってか判らない方が本当は良いんやろうけど俺は判って欲しいんです(笑)

アレンジは最初は普通にミディアムなスリーコードのロックンロールナンバーやったんやけど、レコーディングに入る直前のリハでこのように(スローからアッパー)なった。

「思いっきり遅くしたい!!」って言ったのがhirono、「めっちゃ早くしたら??」って言ったのがジェフさん。両方やってみて結局そのどちらも採用!!

この柔軟さが年の功ですか(笑)

若いバンドはここで険悪になって、アルバム発売の頃にはメンバーチェンジってパターンですね(笑)

10.Mr. Face

この曲はHIGHがオリジナル作り始めた時のかなり初期の曲でhirono作です。

単純なスリーコードの曲ほど、プレイヤーのセンスが重要!!( ̄^ ̄)

単純なスリーコードの曲ほど、後半にかけての盛り上がり部分(グルーヴ)のセンスが問われるんよね…(^_^;)

なかなかその域に達するのは難しいが、デモで録った時より格段にレベルアップしてると思います。(*^_^*)

まあしかし、ここが今後のHIGHの課題でもあります!!頑張れ俺達!!

11.Please Mr. President

俺の中では珍しくパンキッシュな曲。

ドイントロの頭打ちのユニゾンのリフは「My Way」な気分!

その後のギターの印象的なフレーズは智明が風邪でリハ休んだ時にhironoがVo&Gtで3人で曲作ってて、俺のThe Cordsの「Something Missing」的な印象的なフレーズないかな??との要望に見事応えてくれました!!

12.You’re My Best Friend

所謂「ボードビル調」っていう奴ですかね!!

最初智明にマティさんっぽくないね!!っとか言われたんやけど、実はこの手は得意っていうか、かなり好きなんよね!

これ俺の20代の頃からのテーマでして…実はFURSの時はそれを封印しとったんよね。

STEACY ROXX時代の「月世界ロマンス」Raspberry Circusの時の「Randy Dandy & Flapper」、「Days In Green」等…

究極のところでは「シャボン玉の夢」でのベースラインは当時俺が目指してたポール・ボードビル・サウンドに一番近づけたと思ってる曲である。

そんなこんなでこの曲を持ってこられた時俺は燃えたね!!20代の俺に対して負けられん!!その時より圧倒的にカッコいいベースラインを考えないと!!っていうプレッシャーでね(笑)

あと、このちょっと可愛らしい感じでビートルチックな感じの曲調はラブミサイルの世界観ともちょっと被っちゃったりもするんで、俺のテーマは「カムバック!!廣野麗香!!打倒!!ラブミサイル!!」っていう裏テーマもあった(笑)

ラブミサイルの時のhironoの良い部分(レイカちゃん的なw)と、ラブミサイルにはなかったポール節なベースラインね!!

俺的にはそのテーマをちゃんとクリア出来たんやないかな!!って思います。

まああくまでそれは俺の個人的な気持ちなんでどっちが良いとか、どうとかは聴いた人が判断して貰って大丈夫です!!

そんなこんなでめっちゃ長くなりましたが、やっとずっと書きたかったことがようやく書けました!!

もう思い残すことはありません(笑)

なんかさ~次に絶対にまたアルバム作れるって保証ないやん!!(※最近この手の話題多くてすんませんが…w)

そうなると現状今が自分にとってのラストアルバムであって、そこで悔いが残るような作品は出したくないな…っていうのがあってね!!

若い頃には考えなかった感情がやはりこの歳になると重みを増して感じます。

それはおっさんとかじゃなく、本当の意味で命賭けてやってるってことやけんね!!

ほんとこのアルバム出すまで色々ありましたが、現時点で納得いくアルバムが出来て良かったです!!

もちろんアルバム作って満足って訳じゃないので、このアルバムをより多くの人に聴いて貰ってそれがその人にとって宝物になってくれるようにこれからの活動引き続き頑張ります!!

という訳で、このような俺の想いも組んで既にご購入の皆さんにはまた改めて聴いて貰いたいですし、まだ買ってない!!とか買うのちょっと躊躇ってる!!っていう野郎はとっとと買ってください(笑)

んなこんなで今週日曜日はHIGHの約1ヶ月振りのライブです~!!

対バンは青木さん率いるLove Me DoとHIGHのプロデュースをやって頂いたジェフさんのバンドTHE ORANGESです!!

HIGHにとってはこの上ないくらいスペシャルな組み合わせなので、皆さん是非ともお見逃し無く!!

HIGHはトリでがっつりばっちりやりますよ~!!

Comment(0)

< 3 4 5 6 7 >