2016.03.22 Tue

The HIGHデモテープ録音

いや~ほんとビックリ!!

振り返ってみるともう1か月以上もブログを書いてませんでした…

言い訳やないんやけど、それだけやることが多過ぎて…ほんと爆発??崩壊??寸前でした…(^_^;)

そんなこんなで自分の為にも少し振り返ってみようかな(*^_^*)

2月後半はThe HIGHのデモテープ(デモCD)のレコーディングでした!!

元々は新曲がだいぶ貯まってきたし、2ndアルバムを作る際にも方向性とかの再確認も出来るし、アルバム作るにあたって足らない曲(トータルのバランスを取るため)とかをこの時期に把握しておきたいってのもあってね!!

んで、せっかくなんでデモで手焼きでCD-Rで出せたらって思ってたんやけど、ライブ中ついついサービストークで言った「今度はデモテープやけんカセットで出すよ!」って言ったネタがほんとになってしまうのがThe HIGHなんです(笑)

DSC_1678

今回は軽いデモ録りってことでしたが…

アンプはThe HIGHでメインで使ってるELKとRama Amoebaで使ってるAKIMA&NEOSの2台を使い分けました(笑)←まあ、普通は軽いデモ録りやったらスタジオのアンプか持って来ても1台やろ(爆!!)

スピーカーはROYALの12インチ×4発のとグヤトーンの15インチ×2発の2台持って行ってアンプヘッドとスピーカーの組み合わせを曲ごとにそれぞれ変えてみたりして3パターンぐらい試してみました!!

んで、レコーディングで使用したベースは・・・

DSC_1677

確か4曲レコーディングしたんやけど、スタジオにあった俺のベースの数はなんと6本(笑)※曲中に持ち変えるんかい!!って突っ込まれそうすが…(^_^;)

前にあるRickenbacker2本とフェンダー2本(左がジャズベ、右がプレべ)の4本と後ろにあるハードケースにはHofner、豹柄のソフトケースにはGRECOのジャガーベース(マティ仕様)が入ってます!!

今回ライブでメインで使ってるRickenbackerで録った曲は結局1曲(※多分ウェルカム~)だけで、メインで使用してるミッドナイトブルーのRickenbackerは今回最初のサウンドチェックで使ったけど、結局タキシードの奴と弾き比べて本チャンは使用しませんでした。

多分1曲目に収録されるサンデータンバリンは72年の赤のプレべを使用!弦はフラットワウンドで気分はジェームス・ジェマーソン(笑)←いや気分だけね(爆!!)でもかなり雰囲気でたよ(笑)

4曲中唯一のスローナンバーのワンピース。俺の最初のワンピースのイメージはシンプルで太い所謂ベースらしいベースラインを出したかったんで、ここは「男は黙ってプレべ!!」という言葉通り(※どこにあるかは不明…w)に行こうとしましたが、レコーディング前にhironoがHofnerで弾いてみたら??ってアイデア出してくれて、試しにやってみるか!!って思ってやったら思いのほか良い感じだったんで結局Hofnerにしました!!(*^_^*)←「黙ってプレべ」はどこいった??(笑)

いや、でもみんなHofnerのルックスからLOWとかあまり出ないんじゃない??って思ってる人多いと思うけど、実は逆に変なLOWが出なく、最低限必要なLOWが得られるので他の楽器とのミックスのバランスも良かったりするんよね!!

60年代のベーシストでハコものやミディアム&ショートスケールのベース使ってる人多かったりするんやけど、多分それで丁度良いLOWって出せてるのでそれ以上必要ないってことなのかもね!!

この年になっても日々勉強っす!!(*^_^*)

あ!あと、このワンピースのエンディングのベースラインはプレべでレコーディングしたらこのフレーズは出てこなかったね!!

レコーディングならではのハッとしてグッドな出来事やったな(笑)

そんなこんなで、多分4月の名阪京ツアーから発売されるデモテープ&CD(※もちろんCD-Rとしても発売!!)乞うご期待!!

Comment(1)

1