2014.09.25 Thu

9月23日

先日のスタジオ・PENTA主催のバンド・カタログvol.9に来てくれた方々…どうも~!!

1411645825257

全10バンド、1バンド20分ステージと短い時間やったんで、今のThe HIGHの1部分でしかないけど、良い意味でThe HIGHというバンドを初見の方にはお見せすることが出来たんではないでしょうか??

何度も来てくれてる人にはThe HIGHってこれだけやないよ!!って判ってくれとうと思うけんね!!(*^_^*)

PENTAはThe HIGHのリハでいつも使ってるスタジオなんやけど、ほんとスタッフみんな明るくて、しかもスタジオの方向性として本当にバンドマンを応援してるっていうのが伝わるスタジオで本当に色んな意味で勉強になる。

そんなPENTAのイベントを俺の店でやってくれてしかも俺は出演者として参加するわけで、それはかな~りちゃんとやらないと恥ずかしい訳で…

そういう意味では普段とはまた違ったプレッシャーも多々あったな…(^_^;)

でもお陰さまで、このPENTA企画の入場無料、ライブ後のおひねりタイムでなんと、過去最高額を出すことが出来ました~!!

10622917_370262879791231_5969838575202112400_n

もちろん動員もちゃんと貢献出来て、この日10バンドの中で一番入ったし、まあ店長として少しは威厳が保てたかな…(^_^;)

でもThe HIGHを応援してくれてる人や俺の周りにいる人達はほんと温かいな~!ってこの日は特に強く思ったな!!

なんか空気を読んでくれるっていうか、ちゃんと俺達を1番にしてあげようとみんなの気持ちが1つになってたな!!って。

本当にありがとうでした!!

この日のライブは奇しくも9月23日ということで、FURSの初ライブの日であり解散ライブの日でもあった訳やけど、twitterでも呟いたけど、俺と智明が一緒にライブやりだした日でもあるんやな~!って改めて思った!!

まだまだThe HIGHには俺は可能性を感じてるんで智明ともまだまだ一緒にやっていきたいな~!って思います。

そんなThe HIGHは今週末土曜日に南青山レッドシューズにてフジテレビのプロデューサーの平野雄大さんが毎月最終土曜日に開催してるチャージフリーイベント「69★Trive」に初出演しまっす!!

このイベントや来月に第二回目が開催される、これまたレッドシューズの「スィンギン・レッドシューズ」は、The HIGHの未来に繋がる新しいチャレンジの場として切り開いて行きたいジャンルなので、皆さんそこんところ宜しくです(笑)

1411645815704

まだまだ攻め続けますよ~!!

 

Comment(0)

2014.09.19 Fri

GLAM ROCK EASTER 2014終了~\(^_^)(^_^)/

先日のグラムロックイースター(※以下GRE)に来て頂きました皆様…

ほんとにどうもありがとう~!!o(*⌒O⌒)b

9.16Matty4

いや~毎年ほんと大変なGREではありますが、終わった時の達成感はハンパないくらいに充実感あるイベントでございます!!

思い返せば、2年前の夏くらいに秋間さん、大島さんからラーマのメンバーとして加入を誘われ(※何度も言いますが、俺がバンドに誘われたのはこの時が人生初w)、加入時期をGREの後にするか?前にするか??という選択肢を迫られました。

俺は東京に上京してきて毎年普通にお客さんとしてGRE見に行ってたんで、このイベントがどれだけコアで大変なものかってのを重々承知しとった。

なので自分に楽するならGRE終わってから入って、先ずラーマのオリジナル曲を覚えてからバンドにも溶け込んだ状況で翌年のGREを迎える…というのが楽な選択肢やったんやけど、ラーマのベーシストとして何が一番重要か??って考えたら、やっぱり「アキマツネオ」=「T.REX」ということになる訳で、そこは絶対に避けては通れない部分でもある訳で…

なので、どうせいずれGREで苦労するなら早いに越したことはない!!ってことで自ら志願して2年前のGREの時にサポートとして参加させて貰った。

その日のライブ後に秋間さんと車で打ち上げ会場まで移動してる時に、俺はその年の1番のキーポイントになる曲と秋間さんが言ってた「ライト・オブ・ラブ」の構成を途中見失ってしまって、ライブ後すっごい落ち込んでたんやけど、そんな落ち込んでる俺を察してか移動中の車の中で秋間さんは「今年のGREが今までで一番楽しかったな!!」って言ってくれて、俺が「すんません、大事なところで構成ミスしちゃって…」っと言うと、「俺だって間違ったし、今日間違ったことは来年ちゃんとやれば良いんだよ!」って言われて、なんかその時にもの凄く救われたことを今でも鮮明に覚えてるんよね!!

そんなプチ歴史もあり、迎えた3年目のGRE。

9.16Matty5

個人的に8月はかなり忙しかったってのもあってGREの準備に取り掛かるのが例年より若干遅かったんやけど、取り掛かってからは意外に早く全体像が見えて来て、個人的には早い段階から今年は今までで一番最高になるって手応えは感じていた!!

まだGRE3回目の俺が言うのもなんなんやけど今年のGREはある意味変革期な時期なのかな??っと個人的には思っておりました。

今までずっとゲストで出てたPANTAさんが今年からは居ないってのはかなり大きいと思うし、だからこそ俺もラーマのメンバーとしてGREを責任持って盛り上げていかないと!!っというプレッシャーが今回かなりあったな!!

ISSAY&Matty

今年はいつもPANTAさんがやってたセクション(またの名を「秋間さんお着替えタイム」)のところでISSAYさんが参加してくれて、今までのPANTAさんのようにMCを任せっきりには出来ないので、自分なりにISSAYさんの魅力を損なわないようにサポートしようと務めたんやけど、なんとか良い感じで出来たんではないかと自負しております。(※ってか、この俺の写真ISSAYさんを意識してちょっとCOOLな表情作ったつもりやったんやけど、単なるキモいおっさんやない!!w)

改めて言わせて貰うと、秋間さんのバンドでT.REXを弾くということは、ある意味日本で1番T.REXに近くないといけない訳で、そう考えるとかなりのハードルが高くなるよね!

特に20thセンチュリーボーイやテレグラムサム、Get It On等の定番曲であればあるほど、ちょっとした細かいフレーズとかニュアンスで本物っぽいか素人っぽいかが決まって来るので、その辺の匂いはかなりシビアに演奏しないといけないし、秋間さんはそこを一番厳しくチェックしてくるけんね。

そういうのもだいぶ判ってきて、やり慣れた曲でも去年までは自分で許せてたことが今年はそれじゃ駄目だ!!もっと細かく雰囲気を出さないと!みたいな気持ちが出て来て、自分にも厳しくストイックに仕上げていくことが出来たように思う。

そういう経緯もあったんで自分で言うのもなんやけど、その辺の拘りの部分や匂いは今年は今まで以上に出せたんやないかと思う。(*^_^*)

しかし!!今年のGREのプレッシャーはそれだけではない!!

皆さんもご存知の今年のゲストHEESEYさんは俺にとってはもの凄く近いけど、1番遠い存在。

今まで何度も対バンやツアー、セッションバンドやミックロンソン追悼とかでご一緒させて貰った事は多々あるんやけど、今回はRama Amebaとして由緒あるGREというイベントのゲストとして迎い入れる訳で…

俺なんかよりT.REXに思い入れがあるやろうし、ベーシストとしてもキャリアや実経験も断然に違うし…

なんかそれがメッチャプレッシャーやけど、でもメッチャ嬉しいのと、なんかもの凄く複雑な気持ちでした…(^_^;)

MCでも言ったけど、過去に何度もHEESEYさんがゲスト出演したGREを見てきて、HEESEYさんのセクションが盛り上がれば盛り上がるほどその後に戻って来るベースの人の立場が厳しくなるわけで…

今まではそれを遠めに見て、「あ~ぁ、ここまで盛り上がってからベース変わるの厳しいな~俺やったら嫌やな~」って思ってたんやけど、なんとその役回りを俺がやることになるとは…(>_<)

ここだけの話やけど、俺ステージ戻ってからHEESEYさんと入れ替わって、ベースの音量をHEESEYさんが出る前にしてたセッティングより若干音大きくしちゃったもんね(笑)←こういう小さな抵抗が結構重要なんよ!!(笑)

でもね、なんだかんだでHEESEYさんとはイエローモンキーのデビューツアーで博多で対バンしてからかれこれ20年以上の付き合いになる訳やけど、イエローモンキーが博多にツアー来たら、毎晩のように飲んで音楽やベースのことを語ったり教わったりして、ラズのデビューが決まった時や事務所を辞める決意をして上京する時、バンドが解散する時とかの俺の人生の節目節目で色々良いアドバイスを頂いたりしてたんよね。

HEESEYさん自身もイエローモンキーの活動休止期間とかに1プレイヤーとして独立出来るようにベースボーカルとしてのスタイルや自身のソロプロジェクト、サポートミュージシャンとして常に新しい挑戦をしていき、その活動を俺は見て感じて更に頑張ばらないかんばい!!って思ってこれまでやってこれたと思うんよね!!

なんかちょっと熱くなってきちゃったけど、ほんと感謝しております…m(__)m

まあそんな感謝とか知ったこっちゃねぇ!!テメ~!コノヤロ~!!ちゃんと弾きやがれ~~~~!!って感じでこの前の本番前の楽屋でも俺と三国さんをネタにして色々ちょっかいかけてくるし、ライブのクライマックスのGet It Onでも各メンバーのソロ回しの時に俺の順番が来る前にスッゲ~真横に来て薄ら笑い浮べながらメッチャ悪い顔してプレッシャーかけて来るしで、ほんと最後の最後まで一瞬たりとも気を抜かしてくれない心温かい先輩でした…(^_^;)

HEESEY&Matty

見てよ!!このHEESEYさんのワンパクそうな表情と俺の強ばった表情…(^_^;)

なんかステージ上で公開ベースレッスンを受けてる感じやったな(笑)

でも普段同じステージに上がることなんてないのである意味新鮮で楽しかったです!!ありがとうございました!!

HEESEY&バルタン三国

三国さんとHEESEYさんとのツーショットもなんか感慨深かったな!!三国さんノリノリでバルタン星人やっとうし(笑)

あと、アンコールでは昨年までGREを一緒に盛り上げてくれてたPANTAさんやキャプテンズの傷彦ちゃんとかも駆けつけてくれて、GRE2014超豪華に盛り上がりました!!

PANTAさん

傷彦

俺にとってはまだまだ3回目のGREやけど、また来年も秋間さんやラーマのメンバー、スタッフと一緒に最高のものを作り上げていって、更に盛り上がるように頑張りたいと思います!!

9.16Matty3

 

Comment(0)

2014.09.05 Fri

ナオッキン2デイズ②

ナオッキン3デイズ分いっぺんに書こうかと思ったけど、長くなったんで分けました。

そんなこんなで最終日のThe HIGHはなんか相当気合い入ったな!!

バーバレロンズで一緒にやってるダイナマイト☆ナオキと対バンってこともあって、今まで俺ナオキと対バンってしたことあったっけ??

仲は良いけど、それとこれとは別物!!ナオキには絶対に負けん!!そういう気持ちが1日中頭の中をよぎってたのは事実!!

しかし、ライバルはそこだけではなかった…

エンターテイナーとしても文句のつけようがないキャプテンズもいるし、何やら今後ブレイクの予感プンプンな初見のキンゴンズもいるじゃないか!!

もう、一瞬たりとも気が抜けなかったな!!

特にキンゴンズのリハ見た瞬間に只者ではないオーラを感じ、その後HUBで急遽バンドミーティング!この日のライブに対する姿勢を改めて話し合った!!

多分、そんな気持ちがいっぱい入ったことによって、あくまで個人的な判断やけど、かなり良いライブやったと思う!!

この前の博多でやったRamaのライブの時に感じた気持ちに近いものをライブ中に感じることが出来た!!

1

俺は基本人にイベント呼ばれたら、それに応える一番の良法は主催者よりお客さん入れて、主催者より良いライブをやること!!

今回はどちらも自分の立てた目標に限りなく近く出来たんじゃないかと思う!!(※これに関して言えば前回8.15の廣嶋のイベントに呼ばれた時も同様)

最近の若いバンドマンは(※おっさんバンドの戯言っぽくなってますが…w)呼ばれたイベントにはお客さんを呼ばずに、自分達のイベントの時だけ友達とか集めてお客さん呼ぶんよね。俺はなんかそういうのって絶対に自分に返って来ると思うし、そういう意識でしかやってなかったら絶対にこのライブハウスシーンって盛り上がって行かないと思うんよね!!

そいういう想いも常日頃持ってるもんで、呼ばれたイベントには最大限の努力を尽くすのが俺の主義で、それによって損するものは1ミリたりともないんよね。全て相乗効果で良い方向に向かうと思う!!

おっとっと、話しが脱線しましたが♪(笑)

MVI_1309_10

そんなThe HIGH、今回も新曲披露しました~!!

元ネタは智明が持って来て、最初聞いた時にJAMのALL MOD CONS辺りの雰囲気の曲に仕上げようと思ってたんやけど、hironoがこれはサイケデリックな曲にしよう!!ってことになって、ビートルズの中期(ラバーソウル、リボルバー)辺りにありそうな雰囲気でベースラインを考えて出来た曲です!!

まあ元々この辺が得意分野なんでライブで聴いた人は「マティっぽい!!」って思ったとも思いますが…

そういうのも含めてなんか今はバンドメンバーがどんなアプローチしてくるのかが毎回ドキドキでそれが楽しかったりもする(*^_^*)

そんな部分が今のThe HIGHのライブステージには出てるんやないかな!!

そんなこんなでセットリストは…

1.Fruit/2.Mr.Face/3.ツインテール/4.Baby close your eyes(新曲)/5.Do You Love Me?/6.Every Beat Of My Heart/7.モラリティ/8.Mr.プレジデント/9.白日夢

この日、急遽ワンマンの告知もしました!!

まあそのことについてはまた追々触れて行くのでそれはまたということで…

俺達の後にやったザ・キャプテンズは安定したパフォーマンスで会場を更にヒートアップさせ、大トリのダイナマイト☆ナオキに至っては、この3日間の中でも一番神が降りてきたっていうくらいのパフォーマンスとクオリティで自分が対バンで出た時にナオキが今まで以上に最高のライブをやってくれたことがなんか相当嬉しかった!!

この3日間のイベントを一緒に作れてなんか充実してました!!

とまあ、まだまだ余韻も残しつつ、しかし最近の俺の身の回りではまた新たな仕掛けが続々と湧いて来てるんで、相当楽しみにしとってください!!

来年はほんとデッカイイベントも数ヶ月おきにあったりリリースとかツアーも今年以上にあってほんと忙しくなりそうです!!

俺のバンド人生でも最大の事件が起こる予感!!

皆さんお楽しみにね~~~~~~~~!!

Comment(0)

2014.09.05 Fri

ナオッキン2デイズ!!

いや~すっかりブログ書くの遅くなってしまいましたが、先日のダイナマイト☆ナオキプレゼンツ「ナオッキン オン ジャパン2014」に来てくれた方々どうもでした~!!

俺は初日はZher the ZOO YOYOGI店長としてフェスには欠かせないFOODコーナーを担当。「電気式焼き鳥(エレクトリック・ファイヤーバード) マ亭」という出店(でみせ)を出店(しゅってん)。(笑)

20140901_892661

※意外にこれやってる時が一番幸せかも(笑)

俺の焼き鳥が美味かったのか、この日のドリンクカウンターの売り上げはハンパなかったす(笑)

そんな初日からとてつもなくハードなイベントの幕開けでしたが、2日目、3日目は俺はTHE BARBARELONS、The HIGHと2夜連続での出演となった!!

DSC_0475

この日は本当はこのシャツに革ジャンを羽織る予定が、主催者のD☆Nさんがなんとバーバレロンズ用の衣装を忘れたということで、なんと俺がライダースを貸すことに…(^_^;)

DSC_0883

そのくせ、2曲くらい終わって熱いとか言い出しやがって直ぐに革ジャンを脱ぐ始末…( ̄^ ̄)

なんじゃ!!(*`Д´)ノ!!!

DSC_0760

そんなこんなで最後は主催者を立てることはやめてガンガン攻めさせて頂きました!!

今回の新曲は元ネタが俺で、最初ネタ持って行ってアレンジ加えて作っていくにつれて、「??なんかに似てないか??」と言う風に思ってきて・・・

そしたら「F○US」って言うバンドの「H○ave○ly」とかって曲とパターン同じじゃね??…みたいな(^_^;)

まあ、そう細かいことは言わんと!!(*^_^*)

意外にこれはこれで、ちゃんとバーバレロンズとしてもカラーも出てて、良いのではないのでしょうか!!

そんなこんなでセットリスト!!

DSC_0011

あらら??これは何書いてるか判らんな・・・(^_^;)

ライブもセットリストも何事も判り易く!!は今後のバーバレロンズの課題かな(笑)

まあ冗談はさておき、意外にバーバレロンズ最近ライブ本数はちょっと落ち着いて来てますが、1回1回の充実度が昨年よりも増してる感が!!

新曲のネタもまだまだあったりもするんで、是非とも次回のライブもお見逃し無く~!!

次回は9月29日(月)Zher the ZOO YOYOGI!!

出番は遅めと予想されるので、皆さんお仕事帰りに飲みに来る感覚で是非ともお越しください~!!

THE BARBARELONS★9月29日(月)Zher the ZOO YOYOGI

『 BURST CITY YOYOGI 』
◇出演:THE BARBARELONS / NOT / THE VANILA / The Non Fictions
◇時間:open 18:30 / start 19:00
◇料金:adv.¥2300(+1drink) / door.¥ 2800(+1drink)

Comment(0)

1