2012.09.27 Thu

FURSフォト&ライブのお知らせ!!その2

その1からの続き…

そんなこんなで、ライブの詳しい情報は下記のアドレスのチケット予約フォームを見て欲しいんやけど、簡単に説明させて頂くと、10月26日(金)Zher the ZOOでFURSの博多ラストでお世話になった「博多ザ・ブリスコ」のレコ発ワンマンのオープニングアクトとして「バーバレロンズ!!」やりま~す!!

いや~、今回人のイベント(バンド??)しかもオメデタイ日にお呼ばれするんで、本当に絶対にトラブルとかで迷惑かけ無い様にしたいもんやけど…(笑)

大丈夫か??バーバレロンズ(爆!!)

そんで、10月31日(水)は「スパパン!!」お馴染みのハロウィンイベント!!

毎年ラママでやってたイベントやけど今年は代々木でやっちゃいます(笑)今までやってた良い所も残しつつ、代々木ならではのアットホームなイベントに出来たらって思ってますんでお楽しみに!!

んで、11月2日(金)は、VINYL JAPANの主催イベントで、70年代伝説のB級グラムロックバンド「THE SWEET」の来日公演の前座をRama Amoebaがやることになったんで、そこのサポートベーシストとしてまた出演することになりました!!

スウィートは20代に相当聞きまくってたバンドやけん、4月にやったシルバーヘッド同様超緊張&楽しみ!!

んで、11月17日、18日は俺は新宿2デイズ!!

17日(土)は「THE HIGH」って云うセッションバンドを智明と元Julian hironoと組んで、一緒に台湾の「Won-Fu」の来日公演をサポートさせて頂きます。(ドラムはJAH-RAHさん!!)

DJはコレクターズの加藤さん!!俺は加藤さんのDJは初めてなんでそれもこの日の楽しみ!!

※ザ・ハイの曲は基本カバーオンリーです!!どんな曲やるかお楽しみにね~!!

18日(日)は新宿JAMで、博多の10代の頃から超お世話になってる川田さん&山本さんのバンド「JET ROCK」のイベントに「ザ・バーバレロンズ」で出演しまッス!!※この川田&山本コンビは百戦錬磨のツワモノな方々なので、個人的に絶対に負ける訳にはいかんので是非応援しに来て欲しい!!頼む!!!!!!!

23日(金)はZher the ZOOでこれまた超お世話になってる「De+LAX」と2マンをやる「ラーマ・アメーバ」でサポートとして出演しまっす!!(※言い回しがややこしいかもやけど、間違ってないけんね~!!)

んで、翌週まだ正式に発表してませんが30日(金)にヒロの所でまたまたベースを弾きます!!(場所はZher the ZOOね!)

そして、もう一つ重大発表なんすが、12月29日に「Tyrannosaurus」のベーシストとして、渋谷ラママでワンマンやりまっす!!

今回は「KARIBOW &~」とかじゃなく、「ティラノ」名義です!!←ここ重要!!

元々はカリボウさんの50歳を祝うために発足した企画なんやけど、その後震災の影響でリハがなかなか出来なくなったりしてバンドが進まず、当初予定してたギターリストが出演出来なくなったりして、一時はこの企画が無くなりかけてた所やったんやけど…

なんと急遽救世主の如く現れたギターリストがいました!!

「山川圭」そう!!知る人ぞ知る、俺の博多の先輩バンド「HYSTERIC SUZIES」のギターリスト!!

スージーズ解散からウン十年、意を決して久し振りにラママのステージに立ってくれる事になりました!!

ティラノザウルスと山川さんの両復活を同時にお祝い出来る俺はなんて幸せなんだ~!!って思います!!

そんなティラノのチケット発売日が、マークボランの誕生日に当たる9月30日から発売開始となります!!

俺の方でもその日からチケット受け付け開始しますので、こちらからも予約の方宜しくお願いしまっす!!(※入場順とかよく判らない事は直接ラママに問い合わせて下さい!!)

チケット予約&詳細は下記の予約フォームを見てくださ~い!!

https://ssl.form-mailer.jp/fms/74f232d8199472

なんか、俺を応援しようと思ってくれてる人…

ほんとすみません(笑)

何をどう応援して行けば良いか判らんよね…

でも、絶対にどれも手を抜かず頑張るし、俺が「FURSのベーシストマティ」やったことは変わらず、それを糧に頑張っていくんでつもりなんで宜しくね~!!

とりあえず、今月いっぱいは喪に服すけど、10月に入ったらガンガン攻めていくけんね~!!

Comment(0)

2012.09.27 Thu

FURSフォト&ライブのお知らせ!!その1

先日のファイナルの時の写真がカメラマンのマコから送られてきたんで、せっかくなんでアップしまっす!!


先週のGREに引き続きROYAL3段積みのセットでやりました!!背中に響く重低音を感じながらめっちゃ気持ち良く出来ました!!


何度も言ってるけど、コーヂとはコーヂが19歳、俺が24歳の時に一緒にやりだして、今年で18年(笑)

まあ、なんだかんだでやっぱりこれが最後かって思うと、ライブ当日はその想いとか今までの情景が色々蘇ってきて、感慨深かったな!!

っと、まあここでほんとに終わっとけば良かったんやけどね(笑)

なんと来月のハロウィンイベントでまた一緒にやることに…(笑)※詳細は俺の予約フォームで確認してください!!

意外に真面目にリハーサルやってる俺(笑)


ナオとは今の所、今後一緒にやる予定はないんよね…お互い頑張ろうぜ!!

リハーサルは結構淡々と進み、Queの前に出来た「牛焼き丼」の不味さに文句良いながらいざ本番へ!!


マーク降臨でちょっとウェイビィ(こんな言葉あったっけ??)な俺!!←ちょっと老けてみえるな(笑)※この時点でもまだ牛焼き丼に対する不満が残ってたような面やね(笑)


ライブは良い意味で緊張感が終始持続し、良いライブやったんやないかと思います!!っていうか智明結構カッコいいね(笑)


Teenage Frustrationの智明との絡みもBeat Styleを築いてた時の一つの名物やったね!!そう言えば、俺と智明で左右に片足で移動する奴やるの忘れとったね(笑)


Lizzyで後半たたみ掛けていく所は毎回毎回一番燃えとったね!!コーヂは相当キツかったと思うけどね(笑)


このドラムエンディングもいつも圧巻やったよね!!

この曲作った時あまりにも単純なスリーコードの曲やったもんで、エンディングに「コーヂ、最後なんかボンゾ(レッド・ツェッペリンのドラムジョンボーナム)みたいにバカスカ叩いてよ!!」って言ったのがきっかけでこんなエンディングになったんやけど、これがまたライブのラストに続く一つの目玉になったよね!!

なんかいろいろ見所満載なライブバンド「FURS」やったな~!!って改めて思うね!!


最後はアンコールの多分ハイウェイ弾いてる時の俺!!

唯一のアップ写真がこんな腑抜けな顔ですんません…

でもせっかくなんでアップしときます(笑)

そんなこんなで、いつまでも感傷に浸っとってもしょうがないんで、俺も前に進みます!!(※それでも俺的に一つの区切りでもあるんで1ヶ月はライブ空けたんよ!!)

っていうか、ちょっとあまりにも長くなり過ぎたんでここで一旦区切ります(笑)

続きはその2で!!

Comment(1)

2012.09.25 Tue

FURS LAST

DSC_0887.JPG
いや~、燃え尽きました!!

写真は当日花束頂いたお客さんからのなんとも洒落たメッセージカード!!今までのアルバムジャケットと皆さんのメッセージが入ったとってもスペシャルなCDジャケットサイズのメッセージカードでした。

このセンスに俺はFURS10年間やってて良かったな!!って思って、他のどこのバンドのお客さんよりも一番センスが良いと誇りに思ったな!!

そんなこんなで、ファイナル当日は大雨(笑)

まあ、これも運命!!雨が降ったからいかない!!って奴は来なくて良いし、そんな奴もいないと思うしね!!

幸いQueは階段とかあるけん、みんな濡れずに待てたと思っております。

リハが終わるとスタッフから花束(花輪??)が届いてるとのことで、見に行ってみると…

DSC_0883.JPG
なんともスペシャルな花束が!!!!!!

いや~ほんとすんません、お気を使わせて…(笑)

まあ、改めて本当に皆さんに愛されてたんやな~ってしみじみ思いました!!

セットリストはもちろん今までで一番多いメニューで新旧織り交ぜたこれぞ究極のFURS BEST !!

FINAL ONEMAN SETLIST

1,Shooting Star
2,Sweet Peanuts
3,Heavenly
4,I Feel Fine
5,Hello Mr.Heartake
6,TVの恋人
7,秋色
8,Transit Girl
9,Now I’m Failing
10,星空
11,壊れたピンボール
12,僕は待ち人
13,Do You Wanna Dance?
14,エブリディ
15,Moonlight Lover
16,All I Want Is You
17,Teenage Frustration
18,My Honey Lizzy
19,Shall We Go To Bowling Arrey?
20,Vanishing Point

EC1,Save Me
EC2,Oh! Yeah! Oh! Right!
EC3,Life Goes On

EC4,時計
EC5,ハイウェイ

EC6,ロックンロールスター

全26曲、燃え尽きました!!

SEは、最終リハでみんなで「ラストのSEどうしよっか??」ってなって満場一致でTHE BREAKAWAYS/THAT’S HOW IT GOESに決定!!多分みんなもこの曲って思ってくれたんやないかな!!

1曲目は「Shooting Star」~の「Sweet Peanuts」「Heavenly」は、もう鉄板!!

解散ライブでどうしてもやりたかった「I Feel Fine」「秋色」「Transit Girl」どの場面も印象的やったけど、後半の「My Honey Lizzy」からラストに向かって行く感じは、俺にとって一番上がるシーンで、ライブバンドFURSとしての一番の見所と思っていて、モニターに上がって上から超満員の会場を見下ろす光景は圧巻やったな!!

でも、この光景が最後なんか…って思うと、やっぱり寂しかったな…

ラストは俺の中で一番と言っても過言ではない代表曲「Vanishing Point」で締めた!!

この曲は、今のMODSスタイルに移行するきっかけでもあった曲やったんで、その時期にこれだけ重要な曲を作れた自分に対して、ちょっと誉めてやりたいなって思ったよ(笑)

アンコールは「Save Me」、これも当時はナオと共作で、プライマルスクリームの「Moovin ‘ On Up」や「Come Together」みたいな感じにしよう!!とか、ナオん家で作ってたことを想いだしたり、「Oh ! Yeah ! Allright」は、最初は1曲目のオープニングナンバーとして作って、対バンのTシャツ着たギターロック小僧を1分半で黙らせてやろう!!っていう想いで作ってたりして(笑)←まあ、実際そういう奴にはこの熱い気持ちは全然伝わらんかったけどね(爆!!)

アンコールド最後の「ロックンロールスター」の時はしみったれた感じになっちゃうんかな~っとか思ってたりしたんやけど、演奏中楽しくて仕方なくって、泣く暇がなかったっていうのが本音かな!!

なんかみんなに伝えたいこととかは解散前に書いたブログとかでも充分俺の気持ちは伝えたつもりなんで、今ここで何書いて良いかわからんのやけど、FURSというバンドを10年やって「間違いじゃなかった!!」っていう自信が最後にやっと実感出来たということです。

俺は10年前も一度解散ライブというのを経験してて、ラズは12年、FURSは10年とどちらも2桁の年数同じバンドをやってて、どちらのファイナルもソールドアウトという結果が残せて、本当に幸せやと思います!!

俺がどんなに頑張っても応援してくれる人がいないと成り立たないんで、そういう意味でも今まで俺を応援してくれた全ての人々に感謝致します。

俺の今後の活動ですが、今色々やっていますが、正直FURSやラズのように1からスタートして、階段1歩1歩昇っていくようなバンドをやる力が出るかどうかは現時点では判りません。

でも、俺にはこの世界しか無いっていうのはここ何年かではっきりしたので、今後もいろんな形で活動を続けて行こうと思っております。

今はその中で焦らず自然と自分の生活に溶け込んでいく活動が見つかれば良いかな~って思っております。

FURSの10年間の活動で1回でも関わってくれた方や1回でも好きになってくれた方々、本当にありがとうございました。

Comment(0)

2012.09.21 Fri

LAST GIG !!

いよいよ解散ライブも後2日に迫って参りました!!

昨日くらいからお世話になった関係者や先輩ミュージシャンにご挨拶の連絡したりしてるんやけど、今日高橋まことさんに「FURS LAST GIG」来てください!!って送ったんやけど、自分で「LAST GIG」って打っててなんか上がった(笑)※まあ、まことさんは忙しいお方なので当日来てくれるかは判りませんが…

そんなラスト・ギグもFURSのウェブ予約と店売り、プレイガイドを合わせて予定人数をオーバーし見事SOLD OUT致しました~!!

パチパチ~!!!

いや~、まあ解散だからかもやけど、でもそれはそれで正直嬉しいです。

昨日はFURSの最後のリハーサルでした。

本当はみんなでラーメン喰いたかったんやけどな…

あっさり却下されました(笑)

FURSメンバーとはこの10年(リハーサル段階から考えると10年以上か!!)一緒にやったわけやけど、ドラムのコーヂとはラズ時代から一緒にやってて、数える所18年も一緒にやってきたんやもんね!!

もう何がなんだか良くわからんね(笑)

19歳のガキンチョがいつの間にか、俺より実権を握るようになるんやけんね(笑)

なもんで、FURS解散というのは俺とコーヂのリズム隊も18年目にして見納めということになります!!(おまけでスパパンがあったね!!)

ワンマンのメニューは申し分ないくらい「BEST HIT FURS」です!!

絶対に何も文句を言わせません(笑)

なんか、多分やけど、6月の発表以降俺は「解散!解散!」ってよくネタで言ってて、しかもここ何ヶ月かイベントいっぱい入れまくって自分に余裕がない状況にしとったけど、あまり解散ライブのことを考えたくなかったんやろうな!!ってふと思った。

現実逃避やないけど、なんか俺の中にまた普通に来月とかにライブするような感覚があったもんね!

でも、今までお世話になった人とかに一人一人連絡してると、この人は「trash」の時、とかこの人は「SECOND HEAT」の時とか、バンドマンでもこいつとは「Vanishing」のツアーで回ったな!!とか、一緒にイベントやったな!!とか、今までの歴史を思い出すと、なんか急に「ああ、FURSってなくなっちゃうんだ…」っていう実感が沸いてきた…

10年前の今日とか明日とかって俺は何を考えてたんやろうね??

まだ実態も見えないFURSというバンドに絶対的な自信を持ってステージに上がった筈やったと思う…

この時に今FURSを応援してくれてる人と出会ってない人も沢山居た訳で、なんかこういうこと考えると人と人の出会いって奇跡やね!!

最初は10人いるかいないかくらいでスタートしたFURSが、10年経ったラストステージでSOLD OUT!!

決して、FURSが商業的に成功した訳でもないし、音楽業界的にもほんの米粒のひとつくらいのバンドかも知れんけど、でもこの10年間、背伸びせずに1歩1歩歩んできて、その時々のスペシャルな人達に助けられ、先輩ミュージシャンのアドバイスを元に音楽性を高めていけて、ただのインディーズバンドでは味わえない経験をいっぱい出来たなと!!(台湾フェスにも行けたしね!!)

お金や権力持ってる誰かが売ってくれる訳でもないので、自分たちで知り合って俺たちに可能性を感じて、協力してくれた人達と一つ一つ積み上げていった成果がこの10年で培った財産と思う。

それを分かち合うとかじゃないけど、ファイナルのワンマンはこんな幸せだったバンド「FURS」を会場に来てくれた人々に最高のショーでお返し出来ればと思っております。

みんな1人1人が歴史の目撃者になって、決して日本のロック史に残らない「FURS」というバンドを皆さんの言葉や文字で1人でも多くの人に伝えていって貰えるとこんな幸せなことはないです。

その為にもスッゲェ~ライブやりま~す!!

Comment(3)

2012.09.18 Tue

GLAM ROCK EASTER 2012 終了~!!

いや~、ほんと疲れた!!いや、マジで(笑)

今はなんかホッとしております…

という訳で、一昨日のGREに来てくれた方々どうも~!!

俺のチケット予約から来てくれてた人も結構居て、チケット代¥4,500という、FURSではありえない金額なんですが、それでも応援しに来てくれることになんか責任感と感謝の気持ちでいっぱいでした!!

お陰さまで、アウェイ感を感じることなく自分らしさをちゃんと出せたんやないかいなって思います。

今回一番気を使ったっていうか意識したことが、アキマツネオというアーティストがT.REXをカバーするということは、日本で一番のT.REXカバーバンドでなきゃいけないっていうこと。

普段セッションとかで気軽にやってる「20thセンチュリーボーイ」でさえも、1番、2番とか微妙に違ってるベースラインまでをフルコピーしないとアキマさんに失礼だし、ずっとこのイベントを楽しみにしている方々にも申し訳ないって思って、力の限りコピーしたつもりです。

最初は気の遠くなるような作業やったけど、T.REXというバンドの楽曲がカッコよく、またベーシストとしても今までの自分になかった引き出しが多々あったこともあり、コピーしていく段階で楽しくてしょうがなかった!!

俺はピック弾きと指弾きやったらどちらかというとピック弾きの方が得意やけど、T.REXの殆どのアルバムで弾いてるスティーブ・カーリーは指弾きの人なんで、その楽曲は基本指弾きをし、ラストアルバムだった「地下世界のダンディ」で弾いてるハービー・フラワーズはピック弾きというアキマさんからの情報を聞き、本編最後にやった「Dandy In The Underworld」は、どちらかと言うと指で弾きがちな曲なんやけど、敢えてそれをピックでミュート気味に弾いたりと、出来る限り忠実に再現しようとした!!※実際に出来たかどうかは皆さんの判断で(笑)

でも、ライブ終わってから楽屋に挨拶に来て頂いた方々で、T.REXファンクラブの会長タバタさんに「マティばっちりだったじゃん!!」とか、マルコシアスヴァンプのマネージャーさんだった東川さんに「マティにやって貰ってよかったよ。ありがとう。」という有り難いお言葉を頂き、オカヒロさんとかも楽屋に来てくれて、「マティ良かったよ!!俺は嬉しかったよ!!」なんて言って貰えて、なんかそこでやっと終わったって感じやったな~!!

打ち上げに行く途中にアキマさんと車で移動したんやけど、その時にアキマさんが「今年のグラムロックイースターは一番楽しかったな~!!」って言ってくれて、それも恐縮やったけど、そこで「グラムロックイースターって1年に一回しかなくって、普段のライブやツアーだと、その時の失敗とかが次回のライブですぐに取り戻せたり出来るんだけど、GREはその時失敗したら来年じゃないと取り返せない。だからリハーサルをきっちりやるんだ!!」って、んで、「でも実際俺もゲット・イット・オンみたいな簡単な曲を間違えたりしたこともあったりで自分たちが出来る50%くらいしか出来なかったりもするんだけど、だからまた来年頑張れるんだ!!」って言われて、それで俺もなんか救われた…

俺も自己採点は実は50点で、本当はもっと出来たはずやし、もっと時間や余裕があればもっと完コピ出来たかもしれない!!っていうのがあったんやけど、でもこの日の俺のステージが2012年のGREの全てで、俺が来年やらせて貰えるかは現時点ではわからんけど、またこういう機会があれば、絶対に今年より良いものに出来るっていう自信はついたかな!!

DSC_0878.JPG
グラムロックイースターで使用した機材です。※コレクターズ加藤さんからは「古道具」って言われてます(笑)

そう言えば、ベースもスティーブカーリーのベースに近い雰囲気でGRECOの山内テツモデルをチョイスしました!!本当はピックガードを鼈甲か虎柄っぽい鼈甲に変えて望む予定やったけど、鼈甲の材が間に合わなくて断念しました…

そういう訳で、グラムロックイースターも無事に終わりました!!

そう言えば、俺が13㎝のロンブー履いてステージでコケて、パンツのお尻が破れ、前半戦のステージを去る時にばれない様にめっちゃケツを引き締めて歩いてたっていうのに気づいた人はおらんよね??(笑)

そんなこんなで、間もなくFURSの解散ライブが迫ってまいりました…

ここを見てくれてる皆さんはもう改めて告知しなくても知ってることとは思いますが、改めて言いますと、今週の日曜日9月23日に下北沢CLUB QueでFURSのラストライブが行われます!!

もうほんと絶対にスッゲ~ライブにするけん、絶対に来てよね!!

来ないと金髪にするバイ!!(笑)

Comment(0)

2012.09.12 Wed

メンテナンス・デー

昨日、一昨日と2日間はゆっくり休んで、ここ何カ月か出来なかったことをいっぺんにやりました!!
まずはベースのリペア
DSC_0872.JPG
グラムロックイースターの時は、ベースのチューニングが半音下げなんで、右側の73年のプレべを半音下げのテンションに調整。
翌週のFURSラストライブにも使用する予定なんで、GREが終わったらまたすぐにレギャラーチューニングのテンションに戻さないといけない…
んで、お次はアンプのスピーカーの入れ替え!!
DSC_0871.JPG
お忙しい中、秋間さんに自宅まで来て貰って、最近購入したROYALのスピーカーにアルニコという素材のスピーカーに入れ替える作業で、これによりアンプから出てくるサウンドがグッと渋くなる訳だ!!そうなると、あとは俺のプレイ次第だ(笑)
んで、ライブには絶対に欠かせない衣装なんやけど、今まで溜まってたっていうのもあったりして、今回は大量にクリーニング出しました!!
DSC_0868.JPG
解散ライブで着る用のMODSスーツや着納めしたスーツ、GRE用のスーツと一気にクリーニング出した為、皆さんの想像通りかなりの出費(笑)
その他、twitterやfacebook、mixiでも呟きましたが、一昨日は美容院に行き、昨日は歯医者に行き、呟きそこねましたが昨日の昼過ぎに針を打ちに行ったり、身体のメンテナンスをし…
DSC_0869.JPG
コンバースのユニオンジャックのスニーカーの紐を交換し…
DSC_0870.JPG
俺の小学生時代のバイブル「ドカベン」の最終章という見出しに、幼少時の熱い炎が燃え上がり熟読(笑)
身も心も衣装も機材も一気にメンテナンスされた2日間でした!!
しかし、ここ2日間の出費はかなりの額ではあったが、1つのライブを作るのにはこれだけの下準備あってこそステージで安心して出来るわけであって、そこは惜しんではいけないよね!!
みんなだって1つのライブを観に来くのに、その日のライブの為に洋服買ったり、お仕事を休んだり、バイトを早上がりにしてくれたり、美容院やネイルサロンとかエステとかに行ってお洒落にしてきてくれたりしてくれてるやん!!
やっぱり、たった1つのライブでもその想いがあれば、どのライブもスペシャルなモノになると思うんよね!!
まあ、それが追悼ライブとかワンマンライブとかレコ発ライブとか解散ライブとか…
そんなのでなくっても常に同じ1本としてスペシャルで出来る気持ちで居たいな~!!っと、2日間充分な睡眠をも取った俺は朝もはよから熱く思うのでありました(笑)
あと、こんなグッズ売れませんかね??
DSC_0862.JPG

Comment(0)

1 2 >