2009.08.31 Mon

ブレてないぜ~!!

時代を感じる感覚!!
これって音楽を続けていく俺にとって一番重要な課題なんやけど…

ブレてないやろ??
でもやっぱ、悔しいのが「誰がやるか!!」なんよね(爆!!)
んで、このCMでの本当の共通点っていうのが、「逆回転の映像手法」を使ってるところなんよね!!
FURSの「時計」のPVでのメンバーの歩き方がちょっとぎこちないのって観た人は判ったと思うんやけど、このCMでも中間に巻き戻しみたいなシーンがあって、それって俺たちが狙ったビートルズのストロベリーフィールズフォーエバーのPVのネタからきとうと思うんよね!!
あれ観た瞬間にモッズスーツ以上に親近感が沸いたね(笑)
やっぱり60年代のカルチャーってのはいつの時代にも色褪せることがない素敵な時代やったんやろね~!
でも、こういうのっていいよね??
資生堂にFURSプロモーションしようかいな!!誰か知り合いいませんか~(笑)

Comment(18)

2009.08.30 Sun

紅布 The COLLECTORS 2マン!!

 本日2本立て(笑)←今日を逃すといつ更新になるか保障が出来ないもんで・・・
紅布のThe COLLECTORSとの2マンに来てくれた方々…
本当にどうもありがとうございました!!
そして見事SOLD OUTの中、FURSを呼んで頂いたThe COLLECTORSに改めて大感謝致します。
苦節何年になることか…
去年のQueの2マンと明らかに違うのが、The COLLECTORSを呼ぶことは出来るかもしれなけど、呼ばれることってなかなか難しいことと思う。そこが去年とは決定的な違いである!
この話しをコータローさんから頂いた時に、最初、紅布はThe COLLECTORSのワンマンでオファーしてたみたいなんやけど、それをコータローさんはFURSと2マンにしようって言ってくれたみたいで…
俺も最初は謙虚に、「紅布くらいのキャパだったらThe COLLECTORSだけでソールドするんでFURSは要らないんじゃないっすか??」って言ったら、「小さい箱でも必ずソールドにして、そこでお前らをちゃんと見せてあげたいんだよ!」って言われまして・・・

古市コータローさんってなんてカッコ良いんじゃ~~~~!!

ってついつい文字が大きくなってしまいました(笑)
その期待にどれだけ応えれたかどうかはさておき、明らかに3日前にLa.mamaでやったFURSとは違うものが魅せれたと思う。
正直、La.mamaは居心地良いんやけど(俺かなり威張れるしね!!)井の中の蛙になってしまってはせっかくの音楽人生が台無しになってしまうと思うんよね…
この前の紅布ではハコ自体はLa.mamaよりは小さいけどちゃんと外向きなライブが出来たと思う。
ライブの雰囲気もあれは俺達が緊張しているのではなく、俺たちがどれだけ真剣に音楽やってるかって想いが現れた雰囲気やったと思う。
ナオの天然のMCとかがなくってもFURSの各々の曲達がいろんなカラーを出してくれることで、笑ったり、楽しんだり、切なくなったりしてくれるんやな!って改めて思えた。
結成当初の主要ナンバーの「Save Me」を演ってるときは、ステージから見える満員のお客さんに酔いしれながらFURS結成時からの色んなことが頭をよぎってなんとも言えぬ気持ちやったな~!
っていうか…
早く、俺達を救ってくれよ~(笑)←自分で頑張れ!!
まあ、俺の経験上「誰かが何かやってくれる」って思った瞬間にそいつ自体に魅力はなくなると思うけん、これからもFURS&FURSのスタッフで一つずつ責任を持って積み上げて生きたいな~って思います。
The COLLECTORSって云うバンドはこんな俺が言うのもなんやけど、それをずっとやり続けている日本で数少ないプロなバンドと思う。

写真はお盆に○袋でコータローさんと飲んだ時のお茶目な写真です(笑)
※ちなみにナオのブログの写真の俺はこの時のコータローさんをパロったポーズです!
~紅布 セットリスト~


1.Life Goes On
2.Another day/Another Light
3.Little Boots
-MC-
4.I Feel Fine
5.秋色
6.Transit Girl
7.壊れたピンボール
8.All I Want Is You
-MC-
9.時計
-MC-
10.Save Me
11.My Honey Lizzy
12.エブリデイ
13.Shooting Star

Comment(9)

2009.08.30 Sun

Julian10周年!!

La.mamaに来てくれた方々…
どうもありがとさんっす!!
それからJulian!
10周年おめでとうございました!!
この日はFURSとは仲のいいJulianの10周年記念ということで、思う存分盛り上がらせて頂きました(笑)
Julianと一緒にやるのは結構久しぶりやったね~!
これには、個人的な想いもあってずっとやってなかったっていうのもあるんやけど…
3ピースから4ピースに変わった時に初めて見て、俺は常にJulianとはがっぷり4つな感じでライブやりたいと思ったけん、4ピースとしてのJulianがしっくりくるまで対バンせずに、お互い良い時期がくるまでFURSはFURSとしてもっと新しいところを攻めて行こうって思ったんよね。
そんな中、今年に入ってhironoから「8月25日にJulian10周年なんだけど、FURSと2マンやらない??」ってお誘いが来た。
話しを聞いてみると、FURS以外との2マンは考えてなく、FURSがNGならワンマンをやるということだ!
なんか、その気持ちが嬉しくてね!俺の中で、この日が再びJulianと対バンするのにふさわしい日やな!って思いOKした。
そんな思いに応えるには、Julianがやべぇって思うくらいのライブをぶちかますしかないやん!!メニューもこの日ならではって感じのセットリストで臨みました!
「Travelin Man」から始まるライブっていうのは、ワンマン以外では自分達に絶対の自信がないと出来ないもので、これもJulianとの2マンやけん出来たと思うな~!
久しぶりにやった「September」、「Furs Blues」、「Girl」は良い意味で新鮮な感じでプレイが出来たな~!(っていうかこの3曲は俺の曲やね~!!)
後半の「Teenage~」は智明のアグレッシブ過ぎるステージングで俺のワイヤレスの接触が悪くなってベースの音が出なくなったけど、俺はそんなのはライブならではって思ってますんで(笑)
よく、若いバンドマンとかトラブッったり、間違えたりしたら凹む奴おるやん??俺はなんで自分のオリジナル曲で自分が作ったフレーズなんやけん別に間違えたって本当は弾けるんやけんいいやん!!トラブルなんか、大体がギター本体やエフェクターの接触なんやけんそうならんようにマメにチェックしとけば良いだけやん!!って思うんよね!!(そんなこんなで、細心の注意をして紅布ではワイヤレスを使わず、ベースも変えて臨みました!)
まあ、親父のたわごとは置いといて…(笑)
トラブルをオイシイ!!と思うFURSは、その日2回目の「Teenage~」をやり、7月29日の夏の陣で俺が宣言した「8月の2マンはどっちも俺たちが前座やけど、La.mamaも紅布も対バンよりも1曲多く演奏してやる!!」宣言を敢行致しました(笑)
この日も、紅布もやけどなんか3マンの時みたいな40分ステージでは出せない2マンならではのセットリストが今のFURSを表現するのに良いかもって感じた。
まあ、その為にはもっと安定した動員力をつけてジャンル抜きにして、どのバンドと対バンしても負けないくらいのもんを身につけんといかんな~!って思いました。

そういえば、当日La.mamaにこんな豪華なお花が届いてました!!(最初La.mamaに入ったときはてっきりJulianのって思って気付きませんでしたが…)
なかなか花束とかが似合わないキャラクターではございますが、嬉しかったっす!!
~La.mama セットリスト~


1.トラべリンマン
2.I Miss You
3.My Honey Lizzy
-MC-
4.September
5.終わらない歌
6.FURS Blues
7.さかさまの世界
8.僕は待ち人
-MC-
9.Girl
-MC-
10.LIFE GOES ON
11.Teenage Frustration
12.Teenage Frustration ~リプライズ~
13.エヴリデイ
14.ハイウェイ

Comment(5)

2009.08.25 Tue

ライブ前夜

090825_0109~01.jpg
デュークスの「25オクロック」っていうアルバム聴いて浸ってます!
デュークスとはXTCが86年(やったかな…?)くらいに自分達のやりたいことをやるために80年代当時変名バンド「デュークス・オブ・ストラトスフィア」ってバンド名で60年代のサウンドを意識して出したアルバムで時代と逆行したサウンドに当時ではかなりの話題を呼んだアルバムであります。
そんな音楽的な姿勢に俺はかなり影響受けてますな(笑)
なんか上手く言えんけど、この匂いがFURSの目指す所と思うんよね!
今日の明日のLa.mamaライブのメニューをリハーサルで合わせてみて再認識したね!
60年代の人達はは70年代の音楽知らんやろうし、70年代の人は80年代以降の音楽知らんやろ!
FURSは2009年までの音楽、ファッション、文化を取り入れたサウンドが作れる訳よ!
なんか明日のライブはそこの所がちゃんと出せそうな気がする!←っていうかちゃんと出せるって何??って感じやけど…(笑)
そんなこんなで明日はジュリアンの10周年の記念すべきイベントにツーマンで呼んでもらった訳やけど、実は何気にFURSは7周年に突入かな!
FURSとしての初LIVEは2002年の9月23日なんやけど、変名バンド「as holes」として今のFURSの4人で初めてステージに立ったのが2002年の8月23日の深夜なんよね~!(バンド名考えたのはNAOやけんねー!)
ちょうどXTCの変名バンドのアルバム聴きながらそんなことも思い出したりして…
そんなこんなで、明日のライブは明日しかないけんね~!!皆さんお見逃しなく~(笑)

Comment(3)

2009.08.20 Thu

39!!サンキュ~!!

 っといううことで…
今年も誕生日を迎えました!!
っていうか、昨日の昨日まで、ほんとあんまり実感なくって12時過ぎて思い出したくらい(笑)
まあ、この歳までインディーズではありますが、音楽を続けられることに改めて感謝いたします。
日々、たまに、応援してくださる方々…この場を借りて本当にありがとうございます。
っというわけで、ここ何年か誕生日前後にはライブイベントを開催しておりましたが、今年は25日にジュリアンの10周年記念でライブするということもあり、この近辺は何も行事もなく、本日の夕食は家の近くのそばやで軽く夕飯を済ますという前代未聞のバースデーを送ってしまった(笑)
そんなそば屋のメニューで俺がずっと食べたかったメニューを注文してみました。

おでんの右横ね(笑)
まあ、予想通り…
「普通のモツ煮込み」やったんやけど(笑)
そんなこんなで、40まであと一年。
個人的には「俺が普通のバンドマン」やったか?「そん所そこらのバンドマンと違う」という所に拘った一年にしなければ…と思う。願わくば「立派なミュージシャン」になりたいものだ!!
実は、ちょうど去年ラママを辞めるって決めた時に、ファーズとは違うもう一つのプロジェクトの案が浮かんだんよね!俺がラママを辞める意味。自分が一ミュージシャンとしてこれから活動していく為に…
構想一年かかってもう少しでそのバンドもお披露目出来そうです!!
40代も変わらぬ自分であるために、この一年はより一層本気で頑張ろうと思います。
FURSは、より一層進化を遂げる一年にするし、俺も一ミュージシャン、一ベーシストとしてやりきります!!
なもんで、今年一年応援宜しくね~!!

Comment(16)

2009.08.14 Fri

大人のオモチャ

先週のエイジア&ラママに来てくれた方々どうも~!!
俺は次の日は相当死んでました(笑)翌日にブログをアップ出来るナオに脱帽です(笑)
エイジアは久しぶりのヴァニシングや久しぶりのランブリンでやってる俺たちもちょっと新鮮な感じでライブ出来たな!!
前座といえども、自分達の機材を全て持ち込んで(コーヂのグレッチも持ち込んだしね!!)納得のいく環境で思いっきり30分ライブが出来たんで満足!!
夜中のラママはその緊張感とは真逆で、純粋に楽しく出来た。どちらも音楽を続けていくには必要な要素と思うのでその辺を上手く回せていけたらと思います。
ライブのMCでもネタになっとったけど、俺たちのアンプやエフェクターとかは秋間さんが実際にハンドメイドで作ったり、リペアしてくれたり、会うたびにサウンドメイクについて色々アドバイスを頂いたりして、常日頃からお世話になってます。
実際ファーズのサウンドがそんじょそこらのバンドと違うのはみんなわかっとうと思うんやけどね!っていうか、俺みたいなベースの音出してる奴おらんやろ~??
そんなこんなでまた新たな武器を手に入れてしまいました(笑)
 
最近オークションで落札したベースとアンプ(後ろのオレンジの奴)です!
後方にあるアンプは「ROYAL」といって昔フラワートラベリンバンドとかが使用していたアンプで最近ではゆらゆら帝国の人とかが使用してたりする奴です。しかし、ジャンク品の為、これから秋間医院に入院して大手術を行います(笑)
ベースは国産のメーカー不明のベースですが、これは本当はベースとして使用する目的ではなくヘッドにあるペグ(弦を巻く奴)の部品が欲しくて落札したものなんです。
時計のPVで使用した白いベースを今後メインベースとして使って行こうと思ってるんやけど、自分なりにもっとカスタマイズしたくて、現在大改造中!!
なので、その部品の一部として入手したんやけど、このベースが家に着たら案外綺麗で、パーツ用途して使うのが勿体無い感じがして…
なので、多分このペグを白いベースにつけた後に、またこのベース用のペグを探さんといかんな~とか考えたりして(笑)
子供の頃のオモチャはガンプラとか改造したりしてたのが、大人のオモチャになると何かとお金が掛かります(笑)

Comment(8)

1 2 >